パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

懐かしい味

酷くお暑いですね!

 

皆様、お気をつけてお健やかに。。。

 

今日は、土曜日ですが珍しくレッスン予約が入っていなかったので、朝からパーチメントクラフトの高等科カリキュラムの改訂作品を作っていました。(完成しましたら、またご紹介しますね。)

 

作業をしているときは、専らラジオを聞いているのですが、

今日はたまたま、NHKの文芸選評、なんていうのを聞くともなしに。。。

 

俳句のお題が「白玉」ということで、

「白玉や 母の遺愛の ガラス鉢」なんていう句が紹介されて。

 

一瞬で、懐かしい思い出が!

 

母方の祖父は、お酒を飲まない人で、甘いものが好きだったとか。

船舶の設計をしていた人で、大層几帳面な人だったらしく。。。

夏になると、自分で白玉を作って楽しんで食べていた、というような話を母から聞いていました。

 

そんなことから、

小学生のころに母から作り方を教わりました。

 

丸くまとめたら、ちょっと手のひらで平らにして、真ん中を指先で軽く押さえて。

「あ。。。赤血球。。。」(学校の理科の時間に赤血球の事、勉強したばかり。(笑))

 

せっかちな、おっちょこちょいの私なので、お湯の中で浮いてきたらすぐに冷水にあげてしまって、

芯が残っていたこともありました。母に、注意されましたね〜。「もっと慎重になりなさい!」

 

いつも、白玉を作るとき、

「貴女に任せるわ」と言って、私が作っていましたが、

今思うと、、、

母は、自分が作るのでなく、娘に作らせて、

嬉しそうに、美味しそうに、自分の父親の話をしながら食べる、、、

その様子を私が喜ぶ。。。

それを、わざわざやらせてくれていたのだ、と!

親を喜ばせる、という楽しみをくれていたのだと。

 

様々なことを想いながら、今日はうまくできました!

 

 

インドのハゲの趣味のコレクション、

昭和初期の、かき氷用のガラス器に盛って。

 

器の縁の、ミルク色の彩色と、白い白玉、小豆の地味な色がとっても良い感じです。

 

昭和生まれの自分と、昭和のころの懐かしい思い出と、

昭和の器がすんなりとマッチして、

今日の暑い日のおやつ!

M Style 小林恵先生開催ワンデーレッスンリポート

先週は、「寒いっす!」と書きましたが、

今日は「暑いっす!」

 

さて、

先週の週末に開催されましたワンデーレッスンのリポートをさせていただきます。

 

 

今回は、午前クラスが断然人気だったのですが、

実は午後クラスがお得。

というのも、午前クラスは、あとがあるためにどうしても時間内にきっちり、、、となってしまいますが、

午後クラスですとご自分のペースで、じっくり取り組んでいただけます。


小林先生のお見本のイメージで、、、

当日の着るものを考えたら、、、恵先生とほぼ同じ?!黒の細見のパンツに白いシャツ!まるで、母&娘のようになってしまった!

 

すぐ↑の下のお写真2枚。

いつもワンデーだけにご参加くださっているWさま。

今回、アドヴァンス作品のテクニックにちょっと挑戦です。

複数針を刺して、、、(このあたりは、余裕。「たのしぃ〜〜〜!」

1mm感覚の穴を専用はさみでカット、、、(次第に無言、、、「手がつりそう〜〜〜!」)

 

でもお上手にできました。思わず、モチーフを持って「ピーーーッス!」

 

 

今回のお見本では、大人なシルヴァーの台紙でしたが、季節で変えたりもできるのですから、ということで、

いくつかのペーパーをご用意させていただきました。

バックが変わると、ずいぶん雰囲気がかわりますね。どれもとても素敵です。

 

たまたま、今回m土曜日午後の最終クラスが、ご参加お一人で、小林先生プライヴェートレッスン、、、ということに。

なので、

いつもはサポートの石崎ですが、ご一緒に制作させていただきました。それが、、、右下。

いやいや、、、、とっても楽しかったです!ワンデーレッスン、良いですね〜。自分の作品を作っているときのストレスみたいなのが、全然なくて。楽しい限りでした。

 

 

お茶の時間も、とても皆様エンジョイしてくださいました。

ご自分でもお取り寄せをしよう、と色々情報交換。

 

ギャラリーで、ち密でテクニックを駆使した作品をご覧いただいたり、ちょっとお買いものを楽しんでいただいたりして、

週末の3時間を満喫していただけました。

ご参加くださいました皆様、キットをご注文いただきました遠方の皆様、本当にありがとうございました。

 

終ったばかり、、、ですが、

 

次回の予定ももう決まっております。

9月7,8日です。

またどんな作品に出合えるか、どうぞお楽しみに!(ふふふっ、石崎だけが知っている!なんちゃって。にやり。)

寒い、、、っす!

すっかり梅雨のお天気の今日この頃です。

 

しかし・・・

寒いですね〜!

 

寒がりの石崎、すっかり冬の服装に後戻り!しております。

バレエの稽古で使うモコモコのレッグウォーマーを靴下の上からさらに重ねて。。。着膨れ状態!

なんともみっともない出で立ちで。

アオッキナ・オネータマに、しこたま笑われました!

昨年から、体調を崩していた姉ですが、昔のままのあの快活な笑い声を久しぶりに聞きました。

よかった・・・元気が戻ってきた、と。しみじみ。

 

お天気はパッとしないけれど、

自然は素敵な贈り物をこの時期にくれますね。

 

我が家の庭のあちこちに咲いているアジサイ。

 

 

父母の時代から植わっていたもの、姉が植えたもの、姪が植えたもの、そして、私が植えたの。。。と様々。

 

しっとりと、露を纏って美しいです。

 

今週末に開催されます小林恵先生開催のワンデーレッスンですが、

そろそろ満席のクラスが出ております。

ご検討中の方、お急ぎくださいませ。本日締め切りです!

ワンデーレッスン受講予約開始のごあんない

 

本日より、第57回ワンデーレッスンの受講予約を開始いたしました。

今回は、ペーズリー柄のお通帳カバーをお作り頂きます。
M Style・小林恵先生主催のワンデーレッスンになります。
皆様のお申込みを一同心よりお待ち申し上げております。
詳細・受講予約ページ >>> こちら
珍しく、OFFです。

みなさま、こんにちわ〜!

 

・・・と、なんだか間抜けなご挨拶。

すみません。

 

今日は、珍しくレッスンの予約が全く無かったので、

昨晩からなにやら、気分はすっかり「おまぬけ!」になっておりました。

 

やらねばならぬ・仕事は山積しているので、今日こそは、、、と思っていながらも、

ついつい、気になっていた庭の雑草!を取り出してしまい。

見事に群生している「どくだみ」と格闘することに。(笑)

 

あ〜あ。。。

昔から、試験前になると、

今やらなくても良い、机の引き出しの中を「キチィ〜〜〜ン!」と整理し出したりするタチです。こんな年齢になっても、治らない!

 

今日は作品をご紹介させていただきます。

高等科のカリキュラムです。

 

 

ん・・・・写真が今一つですね。ボケてる。すみません。

 

あれれ、、、その上、二枚も。(一枚削除する方法が、わからない。。。困った!)すみません。

 

紋章のようなデザインが大好きなので、パーチメントクラフトでもやってみたいと思っていました。

子供のころにも、姉と一緒に、リボンやビーズを使って勲章のようなブローチを作ってジャケットのポケットのところに付けたりしていたのも、懐かしく思い出されます。

 

お花などをモチーフにソフトでエレガントなデザインが多いパーチメントクラフトですが、

こういう「硬い」イメージも、、、、悪くないかな。

 

さて、

来月に予定されているワンデーレッスンの準備も整いました。

現在、ちびひやにデータ等を送っているところです。

今月末〜からご案内できるかと思います。どうぞ、ご期待くださいませ。

 

イシザキ!!!仕事しろっ!(笑)

へぇ〜〜〜〜〜い。。。

 

母の日に

すっかりご無沙汰してしまいました。

 

ずっとカリキュラムの改定作業で結構忙しくしております。

なかなかブログもアップする余裕もなく、申し訳なく思っています。

 

さて、、、

今日は、「母の日」ですね。

 

娘、息子の家族から、京都の老舗のお抹茶スイーツや、大好きなクレマティスのお花をプレゼントしてもらいました。

仕事をしていることから、あまり日常的には「母」らしいこともしておりませんのに、有難いことです。

それぞれの家族が、健康で幸せに満ちた日々を過ごしてくれること、それが母にとっての一番の贈り物です。

 

 

ふる〜い写真!

さて、、、誰でしょう!

 

大正時代の写真です。

私の母、7歳のころの写真。

ピアノを習い始めたころ、と聞いています。

 

私の母は、41年前に、急逝しましたので、もう、私が母の日に何かをすることは無くなりましたが、

それでも、やはり「母の日」になると、いつもより沢山、深く母のことを考えます。

母が亡くなった年齢をとうとう超えてしまった私ですが、

とてもとても、あの頃の母にまで追い付いていない!!という感じです。

少しでも、あの存在感に近づきたいと日々、頑張ってはおりますが。。。どうも、ねぇ〜・・・

努力、のみ!

 

この写真、

娘のちびひやの子供のころと瓜二つです!

面白いものですね。隔世遺伝。

事実、私自身は、母の母とこれまた瓜二つ。

そうやって、

脈々と流れる・・・・・

 

母の日の雑感でした。

 

皆様も、良い母の日をお過ごしくださいませ。

Porcelain Painting

ご無沙汰しました。

 

寒かったり、暑かったり、、、、妙なお天気が続いておりますね。

「春バテ」なさっていませんか?

私は、気圧が下がると具合が悪くなる!まるで、天気予報のように、「そろそろ曇って、雨・・・?」と判ってしまう。(笑)

 

さて、

ずっと細々と続けている西洋磁器絵付け、ですが、

かなり長いことかかってペイントしていたものがやっと完成したので、ご紹介しますね。

 

巷で、はやりのポーセラーツと違い、こちらは、全て絵の具を使って筆で描いていきます。

何度も、書き加え、金彩を施し、、、焼成して、を繰り返します。

 

 

あれ?!なぜに、同じ画像が二つ?!

修正できない。。。。

 

フランス・リモージュのデザインを。

 

小花を沢山描いて。お花一つ、5ミリ以下、です。

実は昔はちょっとこういう可憐なデザインは苦手だったのですが、

長くやっていると、こういう「王道!」の良さ、難しさが解ってきたように思います。

パーチメントクラフトよりも、長くやっているのです、私。もうゆうに20年は超えました。

 

同じデザインで、ピルケースも。

 

 

今回の金彩は、少し珍しい工夫がしてあります。

 

純金ですので、焼成してすぐは、光っていないのです。

それを、通常は磨きを加えて、キランキランにするわけですが、

今回は、「メノウペン」で、細かく細い線で磨きをいれています。

写真ではわかりづらいですが、実際に見ると階段状に見えます。

 

正統的な、リモージュらしい飾り皿とピルケースが完成しました!

新年度に。

あれよあれよ、と日々は過ぎ。

 

今日は4月1日。

すっかり春の様子。

 

そして、新年度でもありますね。

また、今日はイースター!再生の日、でもあり。

 

前回、途中経過でご紹介した、高等科のカリキュラム、「春の兆しの華やぎ」と題した作品も完成しました。

 

 

春の喜びに浮き立つ気持ちをパンジーのお花に込めて。

 

淡い、まだ色味のはっきりしない緑をトップにもってきて、3枚目のシートには淡い黄色のペーパーを。

同じ華やぎでも、まだ浅い春の柔らかな雰囲気を出してみました。

多めのカットの抜きや、周りのレース模様で繊細さが出ているといいのですが。

 

 

同じ作品でも、背景の色が変わるとずいぶんと雰囲気が変わります。

 

イースターを迎える静かな、けれど、しみじみ味わう命の喜び。。。

 

子供のころは、イースターの日曜日の

前日には家族総出で、卵を沢山茹でて、思い思いに彩色をして。

いつも、年の離れた姉たちの描く絵、色合いが上手で、一人、どうにもこうにも「子供っぽい!」自分の卵が全然気に入らない!

思い返すと、私はいつも、姉たちに比べて「何をやっても、姉たちにはかなわない。。。」というひねくれた気分でいたような?

 

教会から帰ると、

親が庭のあちこちに隠した卵を、姉妹で手に手にバスケットを持って、庭に!

草の下、枝の股、石の横、ベンチの下、、、、

あちこちにある綺麗な可愛い卵を、発見すると大声をあげてはバスケットに入れる。

 

楽しい「エッグハント!」でした。

もう60年ぐらいも昔のお話!

 

新年度を迎えて、

気持ちも新たに、新生活をお迎えになる方々もいらっしゃるでしょう。

 

重い、暗い冬、、、から、

明るい、美しい春へ。。。

 

 

久々の、OFF!

桜も、ぼひぼち散り始めましたね。

 

今日は、

ほんとぉ〜〜〜に久しぶりにオフの時間を、娘と過ごしてきました。

娘を訪ねたのは、もう半年以上前。。。

 

私は、お友達とランチをしたり、といいうようなことはほぼゼロなのですが、

娘とランチなんていうのも滅多にない機会です。

 

娘のところの近くにある、海外のお客様が殆どというホテル・クラスカに行きました。

 

目黒通りに面した広いテラスの奥に、広々としたラウンジがあって、そこでランチを楽しみました。

 

クラスカは、二階にshop&galleryもあることから、カトラリーやお皿などがとても素敵です。

 

お食事が出る前から、気分はいや増す。。。

 

 

ランチは、いくつかのタイプのプリフィックスです。

 

私たちは、それほど大量には頂けないだろうということで、スープとメインとデザートのコースにしました。

 

スープは、マッシュルームのポタージュ。香りのよい、おなかに優しいお味。

 

娘は、カジキマグロのパスタ。一見すると「錦糸卵?!」のような細い軽いパスタで、ドライドトマトの味が効いた、時々顔を出すケッパーやセロリの味が隠し味の、複雑なマッチングのお味。この季節だからでしょうか、写真の右下にぱらり。。。とかけてあるのは、桜塩。うっすらピンクに。

 

私は、白いんげんとソーセージ。柔らかめのソーセージの塩味とお豆の甘さが良いコンビネーションでした。

 

当然!半分食べたら、、、「はいっ、交換!」(正式なホテルのお食事では、こういうことはできませんが、、、ここは、割合気軽な感じなので、へへへ。)

 

デザート!

 

 

ポピーシードのプチプチした食感が楽しいケーキと、揚げたてのチュロスを。(軽く生姜の味と香りのするチョコレートソースを付けて) チュロスの上にかかっているのは、ライムシュガー。これが、、、、揚げたチュロスに、爽やかな風味を加えていて、とても美味しかったです。丸太の切り株みたいなお皿にのせられているのも、良い感じ。

 

存分に母・娘ランチを楽しんでから、二階のショップをブラブラして。

二人で、御揃いのお皿を買いました。もちろん、娘夫婦へは、私からプレゼント!(機会があれば、娘が素敵に写真にしてブログで紹介してくれることでしょう。)

 

まぁ〜、二人でよくおしゃべりしました!(笑) Girls' Talk炸裂でありました。

 

私も、久々の時間でとてもリフレッシュしました。滅多に会うこともかなわぬ母&娘ですが、娘も楽しい時間を過ごしてくれたらうれしいです。

 

さぁ〜て、明日は、スタジオのメンバー先生方のマスタークラス・レッスンの二日目です。

がんばりま〜〜っす!

レッスン色々。

すっかりご無沙汰しておりました。

 

怒涛の!ワンデーレッスンが終了して、ほっとしたのもつかの間、

通常のレッスンに加えて、毎週、

いつもとは違うレッスンが続きました。

 

初旬には、

ナショナル・コーディネイター先生の講師のためのBrush-Up講習があり、

一日、仲良しの先輩・後輩先生がたと楽しく、でも、大層真面目!にレッスンを受けてまいりました。

 

今回は、昔、長いこと日本のパーチメントクラフトに様々なご尽力をくださった

デンマークのRnadi Hanson先生のパターンを使った作品でした。

 

 

当日習ったのは、右側のメタリックインクとアクリル絵の具を使ったペイントでした。

 

先生のお見本は、華やかなボルドー色のお花でしたが、

どうしても石崎がペイントすると、、、、、「やっぱり、、、こんな色?!」(〜〜;)

お仲間の先生には、「アンティーーーークッ!」との感想をいただきました。(描いている人間が、、、アンティーク!ですから!)

 

自宅で、ホワイトヴァージョンも制作しました。

かなり、色々とアレンジを加えさせていただいて。

同じ図案でも、相当雰囲気が違う。。。そこが、パーチメントクラフトの面白いところですね。

 

先週には、

 

 

夜間レッスンに、体験の方をお迎えしました。

 

お仕事帰りに、お疲れでしょうにお越しくださり、

初めてのパーチメントクラフトを!

 

カリグラフィーを習っていらっしゃるというお若い・Sさん、

流石の手先の器用さが作業のあちこちに拝見できました。

 

「・・・これは・・・相当上手になるな・・・」と、思いながら拝見しました。

 

爽やかな薄いブルーの、きれいな定規が完成しました。

 

通常のレッスンと違って、初めての体験ということで、

私もとても気を使いますが、やはり、「初心の感動」というものを再体験させてもらえる有難い機会でもあります。

自分が初めて習いだしたときのことなど、思い出してシミジミ・・・

 

そして、昨日は、

いつもは、火曜日はスタジオは定休日なのですが、

とても特別なレッスンをさせていただきました。

 

お越しくださいましたのは、なんと、、、、「京都から!」

 

 

パーチメントクラフトは既に京都の先生に師事なさり、経験も3年ほど。

 

昨年5月の私たちの作品展にもお出でくださったYさん。

その折に、見てくださった石崎の作品の、薔薇や金彩の部分のテクニックを知りたい!とのこと。

 

埼玉でのお仕事のお帰りに、お寄りくださいました。

 

「薔薇・・・ねぇ〜・・・」

(実は、石崎のペイントはかなり自分流なところもあり!その時の気分で、どんどん色を入れていきますので、きちんとしたテクニックが確立されているという訳でもなく。お手ほどき、なんていうちゃんとしたことはお伝えしきれませんでしたが。)

 

Yさんがご持参くださったペイント作品を拝見して、色々気が付いたところをお伝えしたり、

同じ作品を、少しだけ私流にペイントしてご覧にいれたり。。。

 

3時間半、とても充実したレッスンでした!

遠くから、一つの作品のためにお出で下さったこと、本当に有難いことだと感謝に感謝に、、、また感謝!

 

そんな日々の合間をぬって、

ただいま進めている通常レッスンのカリキュラム改訂もやっています。

 

まだ完成はしていませんが、

こんな感じ・・・ということで「ちょっとだけよぉ〜」とご紹介です。

 

 

高等科のカリキュラムです。

「春の兆しの華やぎ」というタイトルにしました。乞うご期待!

 

今日は、春のお彼岸だというのに、、、雪!

くれぐれも、皆様ご自愛くださいませ!

<< | 2/65PAGES | >>