パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

旬茶を頂く

九州の豪雨、本当にお気の毒です。

数年前には地震、そして、コロナ禍真っ最中の豪雨。。。

「天が怒っているのか。。。」と思ってしまいます。

 

幸いなことに、東京、杉並は何ら問題なく過ごしております。

梅雨の雨も、それほど苦にならず、、、、何しろ「家から出ない!」(笑)

 

さて、

先週のことですが、今年の紅茶の旬茶を楽しみました。

 

インド暮らしのノスタルジー?から、紅茶にこだわる亭主;インドのハゲが、

紅茶専門点のお仕事をしている姪に、今年のダージリンティーの旬茶を注文して取り寄せてあったのです。

今年は、コロナの影響で到着が少々遅れたようです。

 

購入したのは、

Barnesbeg(バーネスベグ)という19世紀からある農園のもの。

 

FTGFOP(Finest Tippy Golden Flowery OrangePeco)2020

今年の春に最初に出た新芽の一番最初の若い芽を摘んだものです。

 

 

いそいそ、、、、とインドのハゲが淹れてくれました。

 

良い具合に茶葉がジャンピングしてました。

 

 

新茶なので、お茶をカップに注いだあとの葉は、かなり緑。緑茶と見間違えそうです。

 

爽やかな香りが漂います。

 

 

亭主は大倉のカップで。

 

私は、一昨年の秋、パーチメントクラフトのブラッシュアップセミナーで出かけた角館の、

武家屋敷の中にあった骨董ショップで記念に購入した、青染付と金彩がお気に入りのお茶碗で。明治初期のものだそうです。

 

 

同じく、ブルーのSpodeのアンティークのベリー皿をソーサーとして組み合わせて。

 

ヴィクトリア時代のお茶の飲み方を真似て!19世紀からある農園の紅茶なら、、、、敬意を表して、当時のように!

お茶碗から深めの小皿にお茶をちょっと注ぎ入れて、それをsipping!

 

Spodeの模様も色も、元はと言えば日本のものですから、和のものと洋のものを一緒に

二つ合わせて使っても、不思議とぴったり、しっくり、合いました。

 

新茶らしい、渋みのない軽い味わいと爽やかな香り、淡い色、堪能しました。

 

 

東京の感染者が予想していたように100を超えて高止まり。

私のスタジオも、結局トライアルオープンもお知らせしただけで、実際にはレッスンをしないまま再度クローズといたしました。

「自分も感染しているかもしれない」・・・というスタンスが基本です。人様にうつすかも、なことは可能な限り避けねばなりません。

慎重すぎる、と思われるかもしれませんが、それが実は一番大切なのでは、と考える私です。

 

皆様もくれぐれもご自愛なさってくださいませ!

- | 15:27 | comments(0) | -
マスクホルダー

梅雨真っ最中。。。

 

うっとおしいお天気です。

 

以前、ちびひやが、沢山購入したので、、、と、予備のマスクを入れたり、

交換した後に表面を触らずに納めることができるマスクケースを送ってくれました。

 

私は、ほんとぉ〜〜〜に家から出ない暮らしを続けているので、

送ってもらった当初はあまり必要も無かったのですが、

 

7月から一応スタジオもトライアルではありますが、再開することに方針を決めたので、

使うことも増えそうです。

ちびひやは、回数は多くは無いとはいえ、外へお仕事に出ることもあるので、、、

 

「そうだ!ちびひやにプレゼントしよう!」」

と、マスクケースをデコレーションしてみました。

作品サイズも小さいので、思い立ってデザインを描いて、

雨天で戸外の作業ができない日に籠って作りました。

 

 

ケースは、半折りにするタイプなので、

少し雰囲気を変えて。

 

 

ケースに収めるとこんな。。。

 

ケース本体がすりガラス風のプラスチックなので、あまりくっきり模様が浮き上がらず、

かえって雰囲気たっぷり?

 

 

マスクを入れるとこうなります。

 

横半分に折ったマスクを平らに収めて、さらに縦に半分になります。

耳に掛けるゴムで、ケースが開いてしまわないように巻き留めます。

小さくなるので、バッグの中でもガサゴソしないでよろしい〜!

 

半年前には、

まさか、、、、こういう物をパーチメントクラフトでデコレーションするようなことになるとは思いもしませんでした。

 

煩わしいマスクではありますが、、、

`With Corona`が避けられないのなら、精々こういう物にもエレガンスを加えたいものです!

 

皆様、どうぞご無事に!

- | 15:51 | comments(0) | -
夏至も過ぎちゃった。。。

皆様、如何お過ごしでしょうか?

お健やかに日々を、安全にお過ごしのことと思います。

 

お陰さまで、

私も家族も、今のところ健康に過ごしております。

 

スタジオレッスンがあった時には、お昼抜きも多く、結構いい加減な食生活でしたが、

ずっと家に居ると、一応「主婦」ですので、きちんと食事の準備もできるし、、、

外出もしないので、食べることが結構「お愉しみ」になってきて。(おやつまでしっかりルーティーンになり!)

しっかりデブりましてございます!

 

断捨離作業や、家の中のリノベーションやらで、適度に動いているのに、、、太る!

レッスンなどの神経を使う仕事が無いと、エネルギーって案外使わないんだわ、、、と。

 

 

先日、県境をまたいでの移動制限も解除されて、

 

それを受けて、

一応、スタジオも「トライアル」というスタイルではありますが、再開することに。

 

ところが、

東京、、、

ジワジワ増えているじゃないですか!

このままどこまで行くのか、とても心配です。

 

緊急事態宣言も、「遅い!」と思っていたし、

解除も、「早過ぎる!」と思ったし、

東京アラート?!なんじゃそりゃ!!!意味無い、無い。。。アドバルーン上げてるだけでしょ。

 

と、ずっとブチブチブチ。。。と。

 

7月からレッスン再開、、としたものの、

またクローズの可能性もありありですわ。

 

 

4,5,6月と、

庭仕事や断捨離に明け暮れ、

あまりパーチメントクラフトはやっていませんでしたが、やっと少しだけ「その気」が沸いてきて、

新作、ちょっと作ってみたりし始めました。

 

この状態がいつまで続くか、なんて誰にもわからないんだし、

ある程度、どう暮らしていけば安全なのかもわかってきたので、

 

毎日、その日を身も心も健やかに、無駄にしないように過ごしていけば良いのだろうと達観することに。

心配や悩むことは、必ずしもそれが現実になる訳ではないのだし。

充分に慎重に、すべきことをきちんとしていけば、、、、

後は、「運を天に任せて!」の気分です。

こんなノーテンキな気分でいるから、、、、デブになるんだわっ!私!トホッ!

 

皆様、

ここまで無事に過ごしてきたのですから、、、

意地でも「感染しないぞっ!」の心意気でまいりましょぉ〜〜〜!(笑)

 

- | 12:08 | comments(0) | -
SAKURA-2020

皆様、ご無事でいらっしゃいますか?!

 

2月以降、本当に恐ろしいことになって来ています。

 

色々と思うことも、書きたいことは多々あるのですが、

もう「山ほど!」なので、

 

やめ!

 

西荻のスタジオは、3月初旬、東京の感染者が40名を超えた時点で、

レッスンを休止することといたしました。

スタジオレッスンは、ほぼお一人ずつなのでそんなに問題は無いとは思いましたが、

スタジオまでいらっしゃる途中の交通機関などが心配で。

 

実は、来る5月21日〜26日、

スタジオとその姉妹教室での作品展を予定していたのですが、

3月中、状況を見守っていましたが、

「もう、これはダメだ!!!」

 

一大決心で、来年に延期を決めました!(今の状況だと、それさえ開催可能なのか心配ですが)

既に、ご案内状も刷り上がり、他の諸々の手はずもほぼ完ぺきに準備整っていたので、

そりゃぁ・・・色々と、ね、、、、ございますわよ!!笑うしかない?という。

 

昨年の今頃から、準備を整えてくださっていた実行委員、執行部の先生方のご苦労も、残念ながらお流れ。。。

秋以降、精一杯の努力で出展作品の制作を頑張ってきてくださり、ほぼ完成?というところまで来ていた生徒さん方。。。

本当に、皆様、残念なお気持ちでいっぱいだろうと思います。

 

が、、、しかし!

美しいものは、晴れ晴れとしたお気持ちでご覧いただきたいし。

 

ということで、今回の完成した作品たちは、来年まで「熟成!」にはいりました。

一年じっくりねかせた作品たちが、来年「蔵出し」になって、どれほど美しく光彩を放つか、、、楽しみにいたしましょう!

 

スタジオレッスンが休業=石崎、無収入!!とほほ。

しかし、時間ばかりがタンマリ!こんなことって、、、ン十年ぶり?いや、初めてかも。

 

自宅に殆ど籠っているので、そんな中で、ぼちぼち、、、とパーチメントクラフトをやっています。

 

 

桜が満開の頃に、図案を描き始めていたのですが、

のんびりとやっていたら、、、あら、もう葉桜になっちゃった。

題して 「SAKURA-2020」

 

スマホのカメラで撮ったので、なんだかちょっと。。。

今年の春の様々な想いを込めて。

 

どうぞどうぞ、、、

皆様、、、

くれぐれも、、、

ご無事で!!!

- | 11:29 | comments(0) | -
ポーセレンペインティング作品展

随分とご無沙汰をしてしまって。

結構な多忙でございまして、、、なかなかゆっくりとブログをアップすることも叶いませんで、申し訳ありません。

 

先週の月曜日で、ポーセレンペインティングの作品展、無事終了いたしました。

予想以上の多くの皆様にご来場いただき、心からの御礼を申し上げます。

スタジオの生徒さん、先生がた、そして、バレエのお仲間、亭主の英語教室の生徒さん、親戚家族、、、と各方面からのお客様をお迎えすることができました。本当に有難いことと思います。

 

会期中は、前日の搬入作業から始まり、ずっとギャラリーに詰めておりましたが、椅子に座ると何方かお見えになる、という具合で、

お昼も抜き?!な毎日でした。

 

作品展終了したら、ソッコーアップすべきところでしたが、

翌日から土曜日まで一日数レッスン!が連日続きまして、とてもじゃないが、、、帰宅したらもうエネルギーすっからかん!

そして、土日には二人の孫たちがお泊りに来て。「バー様稼業!」

幸い、今日はレッスン予約入らなかったので、久々の在宅日。

作品展の様子をご紹介させていただきましょう。

 

さてさて、、、、

 

 

ポーセレンペインティングのお稽古は、実はパーチメントクラフトより長いのです。

下の息子が手がかからなくなって始めた習い事で、もうそろそろ30年近くになります。

四半世紀以上、先生に御習いしているというのに、、、、なかなか上達せず。(++)

 

 

ギャラリーの中のご紹介です。

 

壁面には、揃いの大きなプレート類。

チャーミングなものからマイセンの写しの重厚なものまで様々。

 

3枚目の写真は、先生のテーブルです。

細かな、小さな花々をお描きになるのがお得意な先生です。このテクニックを全く不得意!とする石崎さぁ〜〜〜〜ん!爆&泣

 

 

会場の中心には、同じテイストでペイントされたそれは見事なセットものが!

 

ヘレンドグリーンで、景色を一つ一つ描きこんだティーセット、

マイセンのブケーをブルー一色で様々に表現したセット、、、、

和のテイストで可愛い扇面がちりばめられたお重や小皿。

 

実は、今回は季節柄もあって、

色々なタイプのお雛様が出品されていました。

同じ形の白生地でも、作り手のお好みが表れてそれぞれ随分雰囲気の違ったお雛様が並びました。(すみません、写真撮り忘れました!)

 

 

石崎のテーブルです。

 

パーチメントの方の忙しさにかまけて。。。数は少ないです。それでも、ほぼ一年前ぐらいから取り掛かったのですが、レッスンに伺える日が少なくて、遅々として進まず。

 

前回の(10年前)作品展では、苦手な小花のティーセット、ケーキプレート、アフタヌーンティー用のエタジュラを描いたのですが、それはスタジオで普通にレッスン後のお茶の時に使っていますので、おなじみの方々も多いでしょう。

今回は、がらり雰囲気を変えて、「和」で。

 

 

刀のつばのような形が気に入って購入した白生地に、四季の花を。

元のデザインは、柴田是真の日本画からアレンジしました。

お皿の大きさ、形に合わせて相当デフォルメしてあります。

 

 

花の絵柄の周りに、2色の金色の顔彩で、群雲と市松をぼかしで重ねました。

お皿の周り部分には、藍で古伊万里風のデザインと、金色で。写真では見えませんが、リムの部分には、柿渋のような赤茶を。

 

お気に召す柄がありますでしょうか。(家族、親戚の皆には、秋のヤマモミジがえらく好評でございましたとさ!)

 

 

小皿を5枚。

 

合わせると、桜の花のようにな面白い白生地です。

 

こちらは、敢えて「色」を使わずに、大人っぽいものに。

純金と純プラチナを使っています。

 

 

細かく、きっちりと、整然と・・・几帳面に、、、

ということが、極めて苦手な石崎らしい作品です!

 

5枚とも、気分のままに、、、テキトーに、、、直感だけで、、、葉や蔓の位置や流れを一発勝負で。(こういうの、、、大好き!(笑))

 

金やプラチナは、塗りなおし、やり直しがきかないので、ちょっと怖かったですが。

葉脈部分をよけて塗っていく作業がちょっと大変でした。(後から削ることができないのです、葉脈だけとか。)

 

「地味派手」?なこの小皿、気に入っています。

早速、先週のレッスンからスタジオで使っております。

 

 

こんな感じのポーセレンペインティング作品展でした。

 

どうやら300超えのゲストにお越しいただいたようです。有難いことです。

さぁ〜、一区切りつきました!

 

いよいよ、、、

私達、、、

5月の「本業!」の作品展に向けて邁進いたします!

 

御足を運んでくださいました皆様、本当に有難うございました。

引き続き、、、La Chambre de Yの皆さまを含め、石崎も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

- | 15:55 | comments(0) | -
松もとれます!

皆様、

謹んで新しい年のお慶びを申し上げます。

皆様にとって、小さな幸せが星屑のごとく降り注ぎますように!

 

 

私のところでは、

以前は「団体様!」のような30人近くのメンバーでのクリスマス〜お正月でしたが、

姉妹のそれぞれの子供達も成長して、その子供達がもう既に社会人、大学生となり、

一斉に全員が集まることも不可能になってきましたし、

長姉も年齢からリーダーは引退、となり、

お祝いする形態も変わってきました。

 

それでも、我が家の伝統を引き継ぐお料理などは、石崎が次世代の人たちに引き継ぐべく頑張ってこなしました。

流石に、、、「三浦大根、4本!」なんていうことは縮小されまして、変化もありますが。

 

私の年末〜お正月は、

いつもの支度をこなしながらも、、、、

 

制作に励む時間が多かった!

 

 

こちらは、随分以前に作ったものですが、、、

 

私には珍しいカラーとテイストで、カワイ、、、華やか、、、ということで、SNSのお正月のメッセージに使いました。

 

制作していたのは、全く別の作品。

今年は、5月にスタジオ・La Chambre de Yグループの作品展をすることになっているので。

それに向けての出展作品に取り掛かっておりました。

 

まだまだ月日があるので、そんなに急ぐこともないのですが、

通常のレッスンがスタートしますと、生徒さんやメンバー先生の作品ご相談に時間と「脳みそ!」がとられてしまって、

なかなか自分の作品に集中ができなくなるもので。

 

そんな訳で、

年末におなますを作るべく、大根の桂剥きをしながらも、

頭の中でぐるぐる回っていたのは、、、、「大根じゃなくて、、、、図案とアイディア!」(笑)

 

メンバー先生方、生徒さん方も、きっと

「よしっ、、、もうお正月は終わり!やらねば!」となっていらっしゃることでしょう。

渾身の傑作の数々、、、期待しましょう!

 

さて、、、

全く別のお知らせです。

 

 

石崎が趣味でやっているヨーロピアンポーセレン・ペインティング作品展が開催されます。

(実は、本業のパーチメントクラフトより長い年月やっている、という。全然上達はしないのですが、ねぇ〜・・・とほっ。)

 

DMの御作品は、先生のものです。

石崎は、例のごとく!天邪鬼な作品をご覧いただきます。

 

マイセンやドレスデンのような豪華でいかにも、、、、というものから、

とてもチャーミングなものまで、色々並ぶと思います。季節柄、「お雛様」も幾体も並びます。

 

1月24日〜27日  12時〜18時

吉祥寺 第一ホテル 一階 ギャラリーK

 

石崎は、26日がお当番ですので在廊しております。別日もちょこちょこと隙間時間にギャラリーに行く予定です。

ご興味、お時間がおありの方、ご高覧いただければ幸いに存じます。

 

さぁ〜〜〜、また自分の作品制作に戻ります!(もう、肩こりと筋肉痛が半端ないですわ。。。年ですからね!)

 

- | 15:39 | comments(0) | -
Happy Holidays!

皆様、いよいよ押し詰まってまいりましたが、

インフルエンザなど大丈夫でいらっしゃいますか?

 

私のまわりでも、

メンバー先生が、ご一家ですっかりダウン、とか、

敷地内の姪の家族も!と、ちょっとおそろしい。。。

 

皆様が、ご無事でこの気ぜわしい日々をお健やかに、と祈るばかりです。

 

今日は、クリスマス!

昨晩、私と亭主は教会の御ミサにいってきました。

 

神父様のお話の時、とても新鮮で、感動深いことがありました。

通常は、お話だけなのですが、

昨夜は、「ちょっとこれを聴いてください。そして、何を心に思うかを考えてください。」とお話しされて・・・

 

聞こえてきたのは、なんと、、、

産まれたばかりの赤ちゃんの泣き声でした。

 

その、新しい生命の強い泣き声。

じっと聞いていると、胸が熱くなるような、命のすばらしさを再認識するような、、、、

キリストもこうして、産声をあげてお生まれになった。。。と。

そして、なんだか、不思議な「希望」の心持が沸いてきました。

 

 

 

皆様は、どんなクリスマスをお過ごしになっているのでしょうか。。。

 

石崎のスタジオも、今週から冬休みに入りました。

レッスンはお休みですが、我々は、、、休んでもいられないのです!

 

何故?!

来年5月に開催する作品展に向けて、展示作品制作にいよいよ取り掛からねばなりませぬ!!!

 

5月?まだずっと先じゃない?!とお思いになるでしょう?

いやいや、、、

デザインを考えて(実は、これが一番時間がかかるのです!)

図案をきれいに描いて、トレースをして、色を加えたり、エンボスしたり、針作業を加え、カットをして、、、

額装に出して、、、

 

2〜3か月はかかるものなのですよ〜!

 

額だって、特別サイズだとオーダーになりますからね。

今日、額屋さんに行ってきましたが、年末〜新年を挟むため、完成は2月とか!

 

ちゃっちゃと!次の作品に取り掛からねばなりませんね〜!

でも、まだ全然デザインが決まりません。

やりたいことは、おおよそ頭の中にはあるのですが、、、その先が「まだ真っ白!」

 

クリスマスが終わると、一気にお正月ムードでしょうか?

くれぐれも、皆様、ご自愛のほどを!

 

今年も、色々とありがとうございました!

春のウズベキスタン旅行以降、様々あって、ほとんどブログも書けずにおりました。ごめんなさい。

来年は、もう少し頻繁にアップできるようにしたいものです。(いやぁ〜、多分、作品制作で「捻じり鉢巻き!」状態になるのは今からわかっていますので、どうなりますやら。。。ご容赦!!!)

 

本年同様、来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

- | 21:12 | comments(0) | -
ご縁

冷たい風の吹く日曜日となりました。

皆様、ご体調など崩されていらっしゃらなければ良いのですが。

 

さて、

11月末に公認講師認定を受けた方々を、

賑々しくお祝いして、お仲間にお迎えする

ランチパーティーが、昨日行われました。

 

諸々、諸事情でご参加叶わなかった方々もいらしたのですが、

それでもご参集くださいました皆様で、総勢14名のランチとなりました。

 

お店は、ニシオギの「ビストロ・グランソレーユ」にしました。

スタジオからも歩いて直ぐですし。ヴォリュームいっぱいのランチ!

 

宴も最高潮?になったころ、

入口に背を向けて座っていた石崎は、皆様が「えぇ〜〜〜!わぁ〜〜〜!」と叫び声をあげて。その視線の先を、振り向いて見れば!!

 

なんとなんと、、、、

 

そこには、私の最初の生徒さんとなってくださったルミネ〜先生とご主人様が!

 

ご事情で、お祝い会には不参加だったルミネ〜先生ですが、

「どうしても、お祝いをしたかったから!」と。

 

 

新人さんたちに、素敵な「一本の赤薔薇!」。

 

そして、石崎にはこんな素敵な花束を。

 

ルミネ〜先生のご主人様とは、ちょっと特別な「事情?と関係?ご縁?・・・」があって、

私は、そのお姿を目にした途端ウエェ〜〜〜ン!涙。

思わず熱くハグしたのでありました。そして、勿論、ルミネ〜先生とは強く強くハグ!

 

いつも思うことですが、

パーチメントクラフトを習いにスタジオに来てくださる生徒さん方、

有難いことです。

私がいくら、「教えます、私!」と大声出してみたところで、生徒さん方が「選んで」「来て」下さらなければ、

私は、ただのオバーさんでしかないのですから。

 

その最初のご縁が、ルミネ〜先生でした。

まだまだ駆け出しで、お恥ずかしいことに今と比較したら、自分でも「ちょっと心もとなかったな・・・」という講師だった石崎と、ずっと15年以上を過ごしてきてくださったルミネ〜先生。

色々なご事情があったりして、それほど頻繁にお目にかかることも叶わないのですが、

いつもほんの一瞬でもお会いすると、もうそれで充分、心が通う。

「出逢いは、ご縁、運命・・・」

 

今年の終わりに、

一番新しい講師達を迎え、

そして、

また一番古い講師との再会。

 

長い年月を経ても、生徒さんお一人お一人を、

単なる講師と生徒という関係を超えた「人間同士」のおつきあいと思って

変わらずやってこられたことに、心から感謝した昨日のことでした。

 

とても温かい心持で、2019年の終わりを迎えられることを、深く首を垂れて、感謝しなければと思います。

本当に色々あった今年でしたが、

 

「終わり良ければ、、、、全て、、、『良しっ!』」

 

色々苦労もあったけれど、

それさえも、有難いと思えるのでした!

第63回ワンデーレッスン、リポート

日々、寒さが厳しくなってまいりましたが、皆様、お変わり無くお過ごしですか?

 

バタバタ、、、としているうちに、もうすっかり12月ですね。

 

先週、木曜日、土曜日で唐桶和代先生開催の「雅な宴に願いをこめて、、、」のワンデーレッスンが行われましたので、そのご報告をさせていただきます。

 

 

 

わわわ!なぜか、画像が二つ!

PCに弱い石崎、一枚を削除するやり方がわかりませぬ!あちこちポチポチやってみたれど、消えてくれなぃ〜〜〜!

どうぞお笑いくださって、スルーしてくださいませ。ぎゃふん。

 

今回は、越前和紙の美しいお箸袋に、パーチメントクラフトをあしらい、日本古来の美しい水引を付けて。

63回目となるワンデーレッスンですが、総キット数が112!となりまして、記録更新。

それは、素晴らしいことなのですが、資材準備をなさる唐桶先生、、、そりゃ大変です!

和紙を折ること、230回ほど、水引を結ぶこと、230回ほど!!!

思わず、「ちゃんと指紋、残ってる?!」と心配になった石崎でした。

 

 

各クラス、沢山のご参加をいただきました。

有難うございました。

ご友人をお誘いくださった方々もいらっしゃいました。

皆様、お愉しみいただけたでしょうか。

 

 

松竹梅の3つの図案から、お好みの2つをお選びいただきました。

先ずは、トレースから。

白ジェルペンを使って簡単に、、、または、正統的にインクと丸ペンを使って。

ゴールドも、便利なお道具を使っていただいたり。

 

 

図案のトレースの後は、エンボス作業です。

全く初めての方々にとっては、最初こわごわ、、、だんだん慣れてきたら、、、、あれ、ちょっとやり過ぎた?!の難しいテクニックだったでしょうか。

 

次第に、美しく、白く竹、梅、松が浮き上がってきましたね!

 

 

少しだけ、針を使った模様、グリッドでの作業も入りました。

 

この段階の作業が始まったあたりで、

石崎はキッチンでお菓子の準備を始めます。

今回は、「作るのはお正月アイテム、、、でも、やっぱりお菓子は、クリスマス!」ということで、とてもチャーミングなカップケーキを唐桶先生が選んでくださいました。準備するのも楽しかったです。

 

 

そろそろ最後の作業、カッティングです!

石崎のスタジオでは、ペーパーを持ってカットするやり方をお教えしていますが、

お教室によってはマットの上に置いてカットなさる方も。

 

今回は、習っていらっしゃらないご参加者さまにも、ちょっとカッティングをやっていただきました。

初めてのことで、難しかったでしょうか。。。でも、切れていく感じ、楽しんでいただけたものと思います。

生徒さんたちの中でも、「カットが一番好き。」とおっしゃる方、多いものです。

 

 

部材が仕上がって、本体に合わせるこの時間が、とても素敵ですね!

ご自分でお作りになったパーチメントを、愛おしそうに合わせる皆様のお手元のなんと「Beautiful and Sweet!」

 

さぁ〜、ずらり、、、ご覧いただきましょう!

 

 

全員分はアップできませず、御免なさい!

 

日本人は、やはりこういう「凛」とした雰囲気が好きですよね。

どれもどれも、本当に美しく仕上がりました!

皆様、お疲れ様でした。

 

さささ・・・

 

 

可愛いお菓子とお茶で、ほっとしていただきましょう。

全員が違う!カップケーキ、皆様の注目でした。「かわいぃ〜〜〜!」と!

 

 

ご参加の皆様、実講習はご都合付かずキットのみの方々、また、遠く関西方面からもキットの御希望をくださいました皆様、

本当に有難うございました。

是非、お正月にお使いいただき、美しい日本のお正月をご堪能くださいませ。

 

今回、和紙折りと水引の簡単な講習を御希望くださる方々がいらっしゃいましたので、

唐桶先生が企画してくださいました。

諸々の日程等の都合で、

来年2月13日・木曜・午前10時〜、資材費、資料、指導料、茶菓代全て込みで2500円となります。

ご自宅で制作なさるためのお任せの資材セット、実費のみのお値段でご購入頂けます。

ご参加御希望の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、

当サイトのお問い合わせフォームから石崎へ、その旨ご連絡くださいませ。

なお、準備の都合上、お申込み締め切りは年内いっぱいとさせていただきます。

宜しくお願い致します。

区切りがつきました。

ご無沙汰してしまいました。

 

ワンデーのご案内以来、ちょっと多忙でした。

 

今年の春まだ浅き時期、

公認講師としての受験を目指す、とお決めになった方々の、

長期間にわたるご努力が、

一昨日、昨日の実技試験:エグザムが終了いたしまして、合格なさいました!

 

石崎の孫弟子さんのお一人、ニシオギスタジオの4名、

めでたく講師認定されました。

 

皆様、それぞれに色々な大変なことを抱えながらも、

長期間、ずっと努力を重ね、緊張する場面にも落ち着いて対応なさって。

中には、毎週毎週レッスンに通ってくださった方もいらっしゃいました。その熱意に、石崎もお応えしなければ!と頑張りました。

 

 

生徒さんとして、それなりの長い年月を修練なさり、

試験を受ける、となると、それはそれは、また通常とは異なる細かさの技術の確認と実技を重ねてくださいました。

 

昨日までの二日間の冷たい雨も、

今朝は、皆様をお祝いするかのように美しい、冬の青空が広がりました。

 

ある程度オトナになってしまうと、なかなか、何かの大きなハードルを越えるための努力をずっと続ける、とか、

緊張を強いられるという機会も少なくなってきますが、

そんな状況の中でも、「あ、、、自分は進歩した!」と自覚できる機会もまた貴重なものだと思います。

 

皆様、、、本当におめでとうございます!

今日から、また新しいスタートです!

 

さぁ・・・

次なる事!に向けて、石崎も「ノロノロ、、、」していないで、よぉ〜い、ドンッ!

 

先ずは、来週の唐桶先生のワンデーレッスンですね。

既に8名様満席のクラスもございますが、残席僅かですが、まだご参加可能でございます。御希望の方は、是非!

1日が締め切りですので、まだ間に合いますよ!

| 1/73PAGES | >>