パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< 有難うございました。。。ほぉ〜〜〜! | main | 月曜日ぃ〜〜〜! >>
Iris:Hommage to Emille Galle

すっかり初夏〜盛夏の毎日ですね。

でも、湿度がそれほどではないので、過ごしやすいといえば、、、ん〜、でもやっぱりこれは5月ではない。。。

 

昨日は、一日、趣味で続けているヨーロピアン・ポーセレン・ペインティングのレッスンに行ってきました。

来年1月に、久しぶりの作品展が企画されているので、それに向けての作品を手掛けております。

昨日は、「杜若・カキツバタ」を描いていました。

5月と言えば、杜若。。。

 

あ、、、そうだ!

あれを、アップしましょう。と思いつきました。

 

ずっと旅行の記事ばかり、、、だったので、やはりパーチメントクラフトをご紹介したくなってきましたよ!

 

高等科カリキュラム作品です。

 

 

エミール・ガレの花瓶にインスピレーションをもらってデザインしました。

 

3枚のレイヤーで構成されています。

一番下のシートは、ドルソパステルで染めてあります。ガレの特徴でもある、暗い茶色〜黄土色〜淡いブルーへ、、、と。

中に挟んだシートに、ちょっと工夫したテクニックを使ってアイリスを。

一番上のシートは、レギュラーペーパーに少し細かい模様を浮き上がらせて、中のアイリスの強いラインや色を鎮めてくれるように。

 

 

メインのシートです。

デザインのラインは、シルヴァーのトレースで、さらにしっかりエンボス加工をして、リード線のような感じを出しています。

カラーリングは、色鉛筆です。何色ものカラーを重ねています。

 

石崎は、葉も黒に近いグレーで仕上げましたので、かなり暗い!イメージですが、

バックのドルソの染め、色鉛筆での彩色を変えたら、、、相当雰囲気の変わった作品になることでしょう。

スタジオのカリキュラムレッスンでは、テクニックをふまえていただければ、色は完全に「自由!」です。

その方、その方の個性で、どんなふうに変化させていただけるか、、、それが楽しみです。

 

この時期になると、いつも思い出すのは、、、

50年ほど昔。

明治神宮の菖蒲田での夕方からの宴に亡父が御招ばれした折のこと。

両親と一緒に日暮れ近い菖蒲田の少し高い位置にある東屋から眺めた景色。

 

神宮の森に囲まれた一角、

そろそろ暗くなりかけた空、

菖蒲の葉は殆ど黒に近く、

花の色も彩度が落ちて、

花弁の一部の白いところが際立って、

傾いた夕陽の光が、菖蒲田の水面を煌かせている。。。

静かな菖蒲田に、にわかに風が吹きわたって、

「凛!」と立ち上がっていた菖蒲の花、葉が一瞬、ザワザワ、、、と揺れた!

 

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/714