パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< ヒワ(4月7日 早朝) | main | ヒワ(4月7日 午前 その2) >>
ヒワ(4月7日 午前 その1)

もう、、、なんか、連休の間中、

毎日毎日、おそろしい枚数の写真と格闘している気が。。。

暇さえあれば、ハードディスクを見ている。。。(笑)

 

さてさて、

ごちゃごちゃ言ってないで!

 

早朝の朝日を見てから、ホテルで朝食を済ませ、また同じ西門(ここがイッチャンカラの正門になります)から城壁の中へ。

 

まだ時間が早かったのですが、私たちを追い越した少年が前をなんだか楽しそうに走っていくのを発見!

 

 

日曜日ということもあって、学校お休みなんでしょうね。

同じようなアーチ型のドアを、向こう側から「1,2,3、、、」という仕草で数えていました。6つ目のドアの前で、鍵をがちゃがちゃ。

子供なので、英語は通じるかどうかはわからなかったけれど、、、構わず尋ねます。

「お店を開けに来たの?お父さんが来る前に?エライ!Good boy!」

意味は通じたみたいで、ウンウン、、、と答えてくれました。

素敵なポーズの後、「Have a good day!」ときちんと挨拶してくれて、本当に感心しました。

ウズベキスタンの子供たちは、みんな可愛くて、人懐こくて、そしてとても働き者!

 

この奥の右手に、「ムハンマド・アミン・ハーン・メドレッセ」

 

 

途中で切れちゃっている「カルタミナール・ミナレット」

26mの高さで、工事が止まってしまっているのだそうです。

 

 

釉薬で色付けされたレンガが面白い具合のデザインに組んであります。古いイスラム式のデザインとも違って、これもまたよい雰囲気です。

メドレッセの建物から、ミナレットへ渡し廊下がついていて、これは珍しい。

 

続いて、ここの左斜めに位置する「ムハンマド・ラヒーム・ハーン・メドレッセ」へ行きました。

 

 

正面の門。。。

綺麗ですね〜〜〜。

 

しかぁ〜〜〜し、この後、

私は、息が止まるか、、、

 

 

内部に入って、中庭に出るまでの部分、、、

 

「これって、、、パーチメントクラフト、そのまんま、、、、」

なデザインがそこかしこ!

 

同じようであって、全部違うデザインが白一色で!

「蒼いデザイン」は、もう少々食傷気味?なぐらいに見てきたところだったので、

この一角の、「白だけ!」の装飾に、まさしく「首根っこを鷲掴み!」されたような感覚になりました。

ウグググ、、、息ができましぇぇ〜〜〜んっ!な石崎でした。(笑)

 

本当は、ここに半日ぐらい居たい!な気持ちだったのですが、、、

グループ行動です、そうもいきませぬ。

 

 

泣く泣く?次へ。

「クリヌッシュ・ハナ」

 

王様の居室、まわりにはハーレムの小さな部屋が沢山並んでいました。

珍しかったのは、テラスの天井。

黒と赤を使ったものでした。蒼にどっぷりだったので、新鮮に感じられました。

 

 

壁面は、こんな感じです。

どこまでもデザインフル!

同じようなブルーのタイルですが、サマルカンド、ブハラで見た古い時代のものよりも、更に繊細で細かい装飾になっていました。

本を読んだら、「17世紀の建造。イラン軍による破壊が続き、19世紀に修復が施された」とのことでした。

ふむふむ、、、最初の建造が、他のところより遅い時代なんですね。

 

これらのデザインは、Isramic Design Source Book」でも見た記憶があります。

 

しかし・・・

これだけの細かいデザインを作業することの大変さを思うと、

もうただ只管「へへぇ・・・・」と地面に伏して敬意を表したい気分!

 

デザインにすっかり「やられちゃった」ところで、本日はこれにて、、、。

 

 

 

 

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/699