パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< ブハラ(4月5日 早朝) | main | ブハラ(4月5日 午前 その2) >>
ブハラ(4月5日 午前 その1)

妙なお天気ですね!

 

今日は、ちびひや夫婦が遊びに来てくれます。笑顔で迎えられるように、、、先ずは、こちらのブログの続きをチャッチャと仕上げて。

 

今回の旅では、ホテルの場所が最高でした。

 

 

ブハラでのアジア・ホテル。(今回は、3か所全て、このアジアホテルグループのホテルでした。)

サマルカンドも、ブハラも、中庭があって、静かでゆったりとした時間を過ごすのに最適でした。

 

ロケーションも最高!

 

 

ご覧のように、それぞれの所謂「歴史保存地区」のど真ん中!

マーカーで印をつけたところを観て回りましたが、そのどこもが「徒歩圏内」。

自由行動で、何処か行くときも、ほぼ地図無しでもフラリ、、、と出かけられました。こういうことも、旅を気持ちよく楽しむのには大切なことだと思ったものです。

 

さて、、、

 

早朝のお散歩で、パン屋のおじさんから買った「チョー美味しい!」ノンを、むしゃむしゃとお行儀悪く(早朝だったので殆ど人に逢わなかったので、お許しいただいて。。。)食べながら歩いていたものだから、ホテルでの朝食はサラリ、、、としか食べられず。(笑)

 

出掛けます!

 

ホテルから徒歩、30秒?!ぐらいのところの「タキ」と呼ばれる屋根付きのバザールを通り過ぎて。(ここは、後程数回行きましたので、それはまたご報告)

 

向かったのは、ウグルベクメドレッセとアブドゥル・アジス・ハン。道の両側に建っています。

建物の装飾は、少し違っていました。後者のほうは、やや女性的。

 

 

 

 

サマルカンドからスタートした、「デザイン・・・ザックザク!」な旅。

写真も撮るけれど、、、脳内に残す、、、としっかり細部も「ジトォ〜〜〜!」と見ましたが、もうこの辺りで既に「パンク状態」。前にも見た?、、、と思って、ガン見すると、、、「あれ!違っている!」なことばかりで。。。

 

これは、、、とても一回来ただけでは無理だわっ!というのが、率直な気持ち。

 

 

二つのメドレッセ(神学校)を背に、振り向くと。。。

 

ぽこぽことした屋根のタキ(バザール)が囲んでいる広場、(左の写真の屋根の上、コウノトリが居ます!見えますか?これは、現在ではフェイク、、、ですが、少し前までは沢山のコウノトリが生息していて、シンボルとして、有名なコウノトリ型のはさみにもなっていますね。)

その向こうに蒼いドームと日干し煉瓦のミナレットが見えます。

 

ミナレットは46mの高さなので、町のどこからも良く見えました。

カラーン・モスクです。

 

タキを抜けて(あちこちのお店があまりにも魅力的で、「ひっかかりそう」になるのを、グググ、、、と我慢して。自由時間に走り回る!と決意して)、カラーン・モスクに向かいました。

 

 

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/692