パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< ブハラ(4月4日 午後) | main | ブハラ(4月5日 午前 その1) >>
ブハラ(4月5日 早朝)

明日は、一日、ちょっと気の張るレッスンが予定されているので、

時間のある「今のうちぃ〜。。。!」と、本日2回目のアップです。

 

ブハラ宿泊の翌朝、6時、

まだ日が昇りきらないうちにホテルを出発。

希望者だけで、早朝のお散歩に出かけました。

 

薄明りの中、相当寒かったのですが、散歩したのは一般の人たちの住むあたり。

町はまだとても静かです。

車も人も殆ど動かず。。。

 

 

空は次第に明るさを増していくのですが、建物の影はまだ暗く、そして、とても静かで、

大変雰囲気が良かったです!

 

何か、古い古いいにしえの時代に自分が足を踏み入れたような、

現代から隔離されて古都を彷徨っているような不思議な感覚でした。

 

 

観光客が普通は通らないような、裏路地。

 

ブハラの人々の、静かな営みは始まりつつあって、閉ざされた入口からかすかに漏れてくる人の声、

自宅の前を丁寧に掃き掃除をしている老女、その横を静かに仕事に向かうのでしょうか、おじさんが歩いていき。。。

 

通りはけっしてきれいに舗装されていたりなどはしないのですが、ゴミ一つ見られず、

この地の人たちがいかにきれい好きで、丁寧な暮らしをしているかがよく見てとれました。

 

 

少し大きな通りで出会った「ノン」を配達に行く途中のおじさん。

自転車の後ろに、まさに焼き立て!のパンがいっぱい!

 

ちょっと声を掛けたところ、売ってくれる!って!!!

このおじさん、自分のお仕事にプライドと丁寧さを持ち合わせていた!

沢山のノンの中から、あれこれ見立ててくれて、「これが一番おいしい!」と。

こんなに大きなパンが5000スム(日本円で80円弱)。

 

まだ温かいノンを手でちぎりながら、口にほおばりながらお散歩を続けました。

何ともかんとも、素晴らしく美味しいパンでした!!!

 

 

お散歩に出かけた時はまだ薄暗かったのに、帰りに通ったときにはもう既に明るくなっていました。

同じアーチをくぐって。。。

 

 

町の中心に位置する美しい池から流れるきれいな水路。(ゴミ一つ見当たりませんよ!)

そこもまだ人の姿も殆どありません。清廉な空気の中、静かに流れていく水。。。

 

朝、早起きして寒い中出掛けたけれど、

何とも良い体験をしました。深い深い感動のあったお散歩でした。

 

さぁ〜、ホテルに戻って「朝食だぁ〜〜〜〜!」

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/691