パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< 角館。。。その4(御座石神社) | main |
角館・・・その5(武家屋敷)

長雨で、寒くなりましたね。

今朝は、やっと晴れました。。。

 

我が家の庭には、植木屋さんが入っています。夏の間に、すっかりジャングルのようになってしまった庭、、、きれいになるでしょう。

 

さて、

のびのびになっている角館リポート、

やっとメインの武家屋敷。

 

 

40年前と違って、ずいぶん整備されて。

 

道の両側につながる黒塀が美しいですね。

春には、美しい景色を見せる枝垂桜の枝のラインが柔らかできれいです。

 

 

立派な冠木門。

 

私が育った古い家の門も、これほど立派なものではありませんでしたが、同じスタイルの冠木門だったので、懐かしい・・・

朝晩に、門を閉めて、閂をはめる作業を手伝った思い出も懐かしいです。

 

 

緑が豊かで、お散歩していてもとても気持ちが良いですね。

 

家の御玄関になるところの意匠が美しくて。こういう細部に意匠を凝らすところが、さすがです。

苔むしたかやぶきの屋根も良い雰囲気です。

 

 

屋内は、やや暗いのであまり沢山写真は撮れませんでしたが、

質素ながらも、清々しいです。

お座敷の感じも、古いころの我が家にとても似ています。二つの部屋のさかいの襖をはずすと大広間になるというところも同じ。

日本の、畳と障子の醸し出す雰囲気は、やはりとても心静かになる感じで、好きですね。。。(こういうことを感じていると、あ〜、、、私って、相当「古い人間」なんだわ〜。。。と)

 

 

御玄関の屋根の下に設えられていた意匠。。。

美しいです!

 

厚みのある木材を使って、彫り込みも見事で。

こういうものを作りだす人々の仕事に敬意を感じずいられません。

 

当時の武家の意気、のようなものをひしひしと感じさせてくれる素敵なところです。

もうその血は極めて「うすく!」なってしまっているとはいえ、少なからずその流れを受け継ぐ人間として、

「いかに生きるべきか・・・」というようなことを再度確認再させられたような気持になりました。

 

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/662