パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< 改訂カリキュラム | main | ワンデーレッスン受講予約開始のごあんない >>
特別な時間

毎日、恐ろしいようなお暑さです!

皆様、ご無事で?!

 

日本全国、様々なご苦労な時間を過ごしていらっしゃる方々も多く、心からお見舞いを申し上げます。

 

そんな昨今ですが、

日曜日、とても素敵な時間を過ごすことができました。

 

日比谷、松本楼へ出掛けました。

地下鉄からモグラのように地表に顔を出せば、もうそこには日比谷公園のたっぷりの緑!散策をしながら向かいました。

 

ちびひやの婚家のお義父様の追悼の会を、私たち「嫁の両親」のために計画してくださいました、お義母さまに感謝です。

 

 

お義父様がお亡くなりなったのは、そろそろ満3年を過ぎる。。。

その当時、我が家ではインドのハゲの体調が優れず。

一周年の追悼の会は、こちらの都合でキャンセルさせていただいていた、、、、というような経緯があって、やっと実現しました。

 

御贔屓になさっている松本楼、、、

日比谷公園の緑に囲まれた老舗ですね。

 

二面の窓が大きく、公園の緑がたっぷり見渡せるお部屋をお義母様が設定してくださって。

お部屋に入るや、私たちはヒャ〜!だの、キャ〜!だの、みっともない大声を上げてしまうくらい素敵なお部屋でした。

5人には贅沢過ぎるようなお部屋でした。

 

懐かしいお義父様のとても良いお写真や、お得意だった絵画も飾られて。

 

お料理、素晴らしかったです!

 

 

アミューズは、「雲丹のフラン・温製」  新鮮極まりない雲丹だったので、ちょっ苦手な私もperori!

 

美しく盛られた前菜は、「マンゴーとフォアグラのテリーヌ」 フォアグラをマンゴーのすっぱあまい風味で頂くのは初めて。これに、アルペンザルツのピンクソルトをちょっと付けていただくと、、、こりゃまた!!な繊細なお味に変化!

 

スープは、「フカヒレと茸、ワタリガニのコンソメ」 コンソメにフカヒレ、、、ワタリガニの風味が濃い、贅沢なスープ。

 

パンも、色々な種類を選ばせていただけて。長崎の緑茶を混ぜ込んだパン、、、美味しかった!

 

お義母様とは、久しぶりにお目にかかたので、懐かしい思い出のお話や、現在の暮らしのお話などなど・・・

途切れることなくお喋りさせていただきました。

 

 

ポワッソンは、「伊勢海老と帆立貝・コニャック香りのアメリケーヌソース、サマートリュフ添え」  海の幸がたっぷりで、ソースの夏らしいお味と、お野菜のバランスが極上!

 

正式ですね・・・・お肉の前に、「ライチのグラニテ」 最近は、メインはお魚かお肉のどちらか一品、ということが多く、間にこういう風にお口直しのシャーベットが出されることは珍しく。トラディッショナル!

 

 

お義母様は、お嬢様はアメリカに嫁いでいらっしゃるし、おっきな・小鳥さんもお仕事忙しく。。。

お一人住まいでいらっしゃるので、さぞやお寂しいことだろうと思うのですが、

ちびひやたちの結婚が決まって、初めてご両親とお目にかかった16年前と全くお変わりなく。お元気で、それはそれはお見事でございます!

 

アントレは、「長崎・壱岐牛フィレステーキ モリーユ茸ソース」 年齢からか、最近は滅多に牛肉なんぞをたっぷりいただくことが減っている我々夫婦。 久々に、「おぉ〜、牛肉ってのは、やはり美味しい。。。恥」 モリーユの風味たっぷりの甘酸っぱいソースが、夏の食欲をそそります。

 

これまた、、、、正式!

デザートの前に、フロマージュ!3種類それぞれに個性のたったチーズ。もう、おなかいっぱい。。。

 

 

・・・と思ったのに、不思議ふしぎ。

 

デザート、ちゃぁ〜んとお腹に収まりました!

「貴腐ワインのサバイヨン 白桃ジュレとココナッツアイスクリーム」

 

季節がら、重たい、あまーいデザートは少し負担ですが、これはペロリ!

珈琲には、プティフールとチョコレートまで。

 

流石の、老舗、、、松本楼!!!

 

まるで、「食レポ」みたいになってしまいましたが、

 

陽も傾き始める夕方まで、ひたすらひたすら楽しいお話を満喫させていただいて。

お話の内容までは、ちょっと御免なさい!させていただくとして、

「ポン!と話せば。。。カン!と通じる」という幸せをつくづく感じました!

そういう有難いご縁を、娘を介していただけましたこと、本当に嬉しく思います。

 

180センチを超えるお背、、、とてもお洒落、、、デザインを本職に、コーラスもお得意で、楽しい方だったお義父様を懐かしく思いながらの、

素敵な時間でした。。。

 

お詫び;前の記事。 スマホからアップしましたら、画像がとてつもないサイズになってしまって。。。見辛くて申し訳ございませんでした。

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/652