パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< 新年度に。 | main | 母の日に >>
Porcelain Painting

ご無沙汰しました。

 

寒かったり、暑かったり、、、、妙なお天気が続いておりますね。

「春バテ」なさっていませんか?

私は、気圧が下がると具合が悪くなる!まるで、天気予報のように、「そろそろ曇って、雨・・・?」と判ってしまう。(笑)

 

さて、

ずっと細々と続けている西洋磁器絵付け、ですが、

かなり長いことかかってペイントしていたものがやっと完成したので、ご紹介しますね。

 

巷で、はやりのポーセラーツと違い、こちらは、全て絵の具を使って筆で描いていきます。

何度も、書き加え、金彩を施し、、、焼成して、を繰り返します。

 

 

あれ?!なぜに、同じ画像が二つ?!

修正できない。。。。

 

フランス・リモージュのデザインを。

 

小花を沢山描いて。お花一つ、5ミリ以下、です。

実は昔はちょっとこういう可憐なデザインは苦手だったのですが、

長くやっていると、こういう「王道!」の良さ、難しさが解ってきたように思います。

パーチメントクラフトよりも、長くやっているのです、私。もうゆうに20年は超えました。

 

同じデザインで、ピルケースも。

 

 

今回の金彩は、少し珍しい工夫がしてあります。

 

純金ですので、焼成してすぐは、光っていないのです。

それを、通常は磨きを加えて、キランキランにするわけですが、

今回は、「メノウペン」で、細かく細い線で磨きをいれています。

写真ではわかりづらいですが、実際に見ると階段状に見えます。

 

正統的な、リモージュらしい飾り皿とピルケースが完成しました!

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/644