パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< 久々の、OFF! | main | Porcelain Painting >>
新年度に。

あれよあれよ、と日々は過ぎ。

 

今日は4月1日。

すっかり春の様子。

 

そして、新年度でもありますね。

また、今日はイースター!再生の日、でもあり。

 

前回、途中経過でご紹介した、高等科のカリキュラム、「春の兆しの華やぎ」と題した作品も完成しました。

 

 

春の喜びに浮き立つ気持ちをパンジーのお花に込めて。

 

淡い、まだ色味のはっきりしない緑をトップにもってきて、3枚目のシートには淡い黄色のペーパーを。

同じ華やぎでも、まだ浅い春の柔らかな雰囲気を出してみました。

多めのカットの抜きや、周りのレース模様で繊細さが出ているといいのですが。

 

 

同じ作品でも、背景の色が変わるとずいぶんと雰囲気が変わります。

 

イースターを迎える静かな、けれど、しみじみ味わう命の喜び。。。

 

子供のころは、イースターの日曜日の

前日には家族総出で、卵を沢山茹でて、思い思いに彩色をして。

いつも、年の離れた姉たちの描く絵、色合いが上手で、一人、どうにもこうにも「子供っぽい!」自分の卵が全然気に入らない!

思い返すと、私はいつも、姉たちに比べて「何をやっても、姉たちにはかなわない。。。」というひねくれた気分でいたような?

 

教会から帰ると、

親が庭のあちこちに隠した卵を、姉妹で手に手にバスケットを持って、庭に!

草の下、枝の股、石の横、ベンチの下、、、、

あちこちにある綺麗な可愛い卵を、発見すると大声をあげてはバスケットに入れる。

 

楽しい「エッグハント!」でした。

もう60年ぐらいも昔のお話!

 

新年度を迎えて、

気持ちも新たに、新生活をお迎えになる方々もいらっしゃるでしょう。

 

重い、暗い冬、、、から、

明るい、美しい春へ。。。

 

 

COMMENT
POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/643