パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
  • イタリア、、、旅行記、やっとスタートです。
    hiya (07/24)
  • イタリア、、、旅行記、やっとスタートです。
    giraffe (07/23)
  • イタリア、、、旅行記、やっとスタートです。
    hiya (07/23)
  • イタリア、、、旅行記、やっとスタートです。
    KEI (07/23)
  • ちょこっと、イタリア!
    hiya (07/19)
  • ちょこっと、イタリア!
    giraffe (07/18)
  • お詫び
    giraffe (06/05)
  • インド最後の訪問地、フマユーン廟ーHumayun's Tomb
    Y.M.Okano (05/07)
  • Lal Qila-Red Fort(ラール・キラー=レッド・フォート)
    hiya (05/07)
  • Lal Qila-Red Fort(ラール・キラー=レッド・フォート)
    yoshiko.M.Okano (05/06)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< The Raj Palaceーーその意匠・ずらり! | main | アグラへ向かいます。 >>
インドの日常風景

昨日の雨もやっと止んで、今朝はうららかなお天気になりました。

皆様のところの桜はまだ健在ですか?

 

庭は、さくら、サクランボ、利休梅、ヤマブキ、椿・・・とお花盛りです。

 

さてと、、、、

 

作品展までには、何としても!インドのリポートを終わりにしないと、、、

と、いう訳で。

 

今日は、ちょっとインドの日常の写真を。

今まで、ずらずら・・・と絢爛豪華な写真が続いておりましたが、

それは、「特別な人々だけの、特別な場所」としてのインドだったわけで、

一般的な、フツーの日常ではないのです。

 

すごいスピードで走るバスの中から撮影した写真も多いので、あまりよく撮れいないですが、、、ご容赦を。

 

 

町のあちこちにあるヒンドゥー教寺院の近くでは、必ずお供えするための御花が売られていました。

ヒンドゥーでは、黄色が大切な色、だそうで、マリーゴールドがいっぱいでした。

 

若い男性の信徒がお花を買って、寺院にお参りする様子や、

忙しそうに職場に急いでいる途中で、寺院の正面で立ち止まって頭を下げて、、、またそそくさ、、、と歩き出す様子などがしばしば見られました。インドには様々な宗教が根付いているのだ、、、、と感じました。イスラム、ヒンドゥー、シーク、ゾロアスター、仏教、キリスト教、、、まだまだあるけれど、それらがお互いに問題なく日常にある、という感じでした。

 

 

市内から外へ出ると、こんな家が。

 

これでも、まだ町に近いところですから、それほど酷い!ということでもありません。

都市部から離れた農村地域の、遠くに見える家々は、、、、本当に質素、、、を通り越して、粗末なものでした。

そういう人たちの畑で栽培される小麦、菜種、サトウキビ、、、などが主食になるのです。

 

IT強国、、、となっているインド、ではありますが、

聞くところによると、インド全体の50パーセントの人達は、「戸外で用をたす、、、」とか。

朝,夕には確かに、、、ペットボトル片手にぶらぶらと茂みに入っていく人たちを見ました。

衛生環境に対する意識は、先ずは文化や社会制度があってこそですから、何とも言えませんが。。。

 

 

この丸い円盤のようなもの、、、なんでございましょうやっ!?

 

「燃料!」です。

牛さんの糞と麦わらを混ぜて、捏ねて、、、(指跡、見えますよね。)天日干しにして、家での料理などに使うのです。

これは、ちょっと街から外へ出たらあちこちに並んでいました。

 

女性、子供たちがせっせと作って並べているところも沢山見ました。(インドの女性は、本当に働き者!)

 

宮殿に住む、ゴォ〜〜〜〜〜ク!少数の人、ITでガッポリお金を稼いで、妙に贅沢?な姿の一部の人、

そして、家にトイレもない多くの一般の人々、、、、

そんな人たちが、喧噪の中で生活している、、、のが、インド、なのでしょうか。

 

 

積載量・過重!!!の三枚!

 

農村部では、トラクター、、、動きますっ?!っていうシーンにしばしば出くわしました。

小麦がパンパンに詰められて。

 

通勤時のバスなんぞ、、、人がはみ出しております。

この写真では、まだはみ出したおじさん、、、ちゃんとバスの車体の一部につかまっていますから大丈夫だけれど、

たまに、、、はみ出した人に掴まって、、、さらにさらはみ出す!!っていうのも見かけました。

 

街の中でも、商品を山盛り!のリヤカーはしょっちゅう。荷崩れしないのか、、、と心配になってしまうぐらい。

 

でも、こういう風景は、インドの一般の人たちの一種のエネルギー、、、みたいなものを感じました。

 

 

通りには、流石に象やラクダは普通にはあまり歩いていませんでしたが、馬はもう沢山!

 

自転車も、たっくさん!それも、かなり年期の入ったがっしりしたのを大事に使っているという。

 

少し若い人たちには、バイクが人気のようでした。

勿論、「過重積載」がふつうですから、、、、何と、若者がピッチャリ!貼りついた、、、4人乗り!もしばしば。

インドの若者は、Body touchがそれほど気にならないようで、男性同士で肩組んだり手をつないで歩いているのも普通。(別に、、、アッチ系ということではなく、ですよ。)

 

 

上の写真は、早朝。

通りのあちこちに、屋台のようなのがあって、仕事に出かける前の男性(女性は全く見かけなかった!)たちが朝食を。

 

インドで感じたのは、男性陣が、何しろ、、、、「群れて」いる!そして、エンエンとお喋りをしている、っていうことでした。

どこでもかしこでも、男性の立ち話、お喋りの輪が。。。

凄い早口で、巻き舌のヒンディー語が、大きな声で響き渡ります。ふ〜〜〜〜む、面白い!

 

日本では、「お喋り、声がでかい、群れる」のは、、、、オバチャン!と決まっているのに、ね。(笑)

 

インドの女性たちは、どちらかというと物静か、口数少ないという感じでした。特に、家族で一緒だったりすると殆ど口を開かないぐらい。

インドのハゲの話しによると、やはり宗教的な影響で、ご主人が一緒のときには、女性が何か言いたいときには、ご主人にそれを伝え、ご主人が相手に話す。自分から、特に男性の相手に話しかけたりするのはとてもはしたない事、、、なのだそうで。

 

うわ・・・私はインドでは、問題あり!女性、、、、になっちゃうぞ。ひえぇっ!

 

極一部、ではありますが、ご紹介でした。

 

美しい宮殿や壮大なお城、お墓、、、と、トイレもない家と、、、

仕事をしてるんだかお喋りしてるんだか、な男性と、、、黙々とサリーで畑仕事をする女性と、、、

 

何とも複雑な気持ちになる・・・インド!

 

 

COMMENT
>Okanoさん
楽しみにしてくださって、本当に有難うございます!
今、作品展の準備でバタバタしておりますので、なかなかアップできませんが、、、、のんびり、とお待ちくださいませね。
| hiya | 2017/04/17 21:18 |

わーい!嬉しい!楽しみにしています!
可能な限り、ずっとずっと長く続けてくださいませ!
| Y.M.Okano | 2017/04/13 10:57 |

>Okanoさん
いつもコメントを有難うございます。

いひひ、、、終わらないんだなぁ〜、これが!(笑)
まだご紹介していないところがあるのですよ〜。。。
大事な、あの場所、とかね。。。

続きます!
| hiya | 2017/04/12 20:19 |

楽しみにしていたインドの写真の旅!、そろそろ終わりですか?残念!
いつもPhoto report 楽しみにしています!ありがとう〜!
| Y.M.Okano | 2017/04/12 19:14 |

POST A COMMENT









http://diary2.lachambredey.com/trackback/597