パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< 第40回ワンデーレッスン・リポート | main | もどりました。 >>
8月です・・・夏休みです。
今日も、またまたエライ御暑さでございます。
皆様、お健やか、、、なわけないかっ。^^;
体調を崩されたりなどなければ、、、と御祈りしております。

さてさて、、、
とうとう、、、8月ですよっ!
6月、7月とあれよあれよ、、、と日々が過ぎて、気が付けば「盛夏」に突入です。

昨日まで、
朝から夜まで3レッスン、連続がずっと続きましたが、
それも、昨晩のこれから公認講師試験に挑戦なさる方の大事なレッスンで、一区切りつきました。
連日、お昼をいただく時間もなく、夜レッスンまでの5時前になってやっと「昼?いや、夜?」な食事をいただく日々。
結構ハードでしたが、充実した日々を過ごしました。感謝です。



今日の写真は、
先週日曜日の夕方〜夜に開催された「西荻窪・おわら風の舞」の様子です。

自宅から、歩いてぷらぷら・・・と出かけていきました。
ここ数年開催されていたのですが、実際に見たのは初めて。
富山・八ツ尾から「おわら風の盆」の踊り手が来てくれます。

バレエをやっていたことから、実は、盆踊りみたいなものがちょっと苦手なヒヤ。
・・・が、風の盆の踊りは、普通のものとは違って、大層雰囲気のあるものでした。
菅笠で御顔が見えないのも、、、「良いっ!」(本来、盆踊りは、その踊りの輪の中に、亡くなった方々がひっそりと戻ってくる、、、というものですから。見る方が、踊り手の姿に自分の大切な人の姿を重ねて・・・)



ゆったりと、静かに動くその形は、とても美しいものでした。
男性の踊り手の「手」がなんと美しい!!!(バレエでも手先の形にはとても気を使うので、目が釘付けになりました。あ〜・・・同じだっ!!!と。)

堪能しました!
そして、御開きになって、町内の控所へ三々五々戻っていかれる年長の男性方。。。
汗びっしょりで、ひと仕事終えた背中が、、、良い雰囲気です。なんだか、会話が聞こえてきそうです。



さて、、、、
本日から、Parchment Craft Studio;La Chambre de Yは夏休みをいただきます。
レッスンも御休みです。
また、明日から月末まで、ネット環境の整っていない場所へ行ってしまいます。
従いまして、メールなどの御連絡への御返事もしばらくできなくなります。
悪しからずご了承くださいませ。御迷惑をおかけいたします。

少し、ゆっくりさせていただきます。
皆様・・・ごきげんよう!
COMMENT
>じゅんさま
留守しておりまして、大層お返事が遅くなりました。
八尾のご出身なのですね。以前、TVで、その素晴らしさを見たことがあります。
詳しいことを知らず、お気を悪くおさせしました。
こちらは、ニシオギのただの住人ですので、何も解らず、で。
きっと、生粋のおわら風の盆を見たくなった方々も多いことでしょう。
情報をありがとうございました。
| hiya | 2014/08/27 13:26 |

初めまして。私も西荻に立ち寄り見てきました。私はこの町の出身です。高校生までは踊っていました。八尾とかきます。ヤツオでして大阪のヤオと同じ字です。踊っておられた方は八尾の方ではありません。高尾会とかいう東京の同好会の方です。町の衣装を着る年配の方は風の盆にはいません。踊り手は25歳までの未婚者に限られます。厳しい決まりがたくさんあります。気に入っていただけたのはうれしいのですが真夜中、あの町でみる流しの踊りとは全く別の次元のものです。この程度のものを風の盆などの東京の方たちにおもわれたくないおもいです。失礼なことを言って申し訳ありません。ぜひ、一度、八尾の風の盆を体験してください。ツアーではなく個人で真夜中の風の盆を。幽玄という言葉を体感できると思います。
| じゅん | 2014/08/02 14:00 |

POST A COMMENT









トラックバック機能は終了しました。