パーチメント・クラフト・スタジオ 【 la chambre de Y 】のサイトへ

このブログはパーチメント・クラフト・スタジオ
【 La chambre de Y 】のコンテンツ内のブログです。

管理人のhiyayakkoの日々の徒然日記。

*La chambre de Yのメイン・サイト*
                 >>> こちら

*過去の日記*
        >>>  2010年12月まで 
        >>>  2005年10月まで

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

パーチメント・クラフト・ギャラリーへ

パーチメント・クラフト教室 La chambre de Yへ

RECOMMEND

PRPFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
OTHERS
SPONSORED LINKS

インド、2月12日〜13日お昼

先週は、トムさんの御葬儀〜インド旅行、とレッスンが出来なくなったことから、

振替の生徒さん達も沢山お越しになって、水曜日から昨日まで合計25人のレッスンをこなさなければなりませんでしたので、

毎日朝から夜間クラスまでびっしりで。。。

気ばかり焦るものの、ちっとも旅の日記をアップする余裕もなく。

お待たせしてしまいました、ごめんなさい。

 

やっと、2000枚ほど撮影した写真も取り込み、ぼちぼち、、、、ゆっくりペースにはなると思いますが、どうぞお付き合いくださいませ。

 

2月12日、早朝のエアポートバスで成田へ。

11時半初のAir Indiaでデリーへ向かいました。フライト、10時間半ほど。上空の状態も良かったようで、穏やかなフライトでした。

 

到着したのが、既に日暮れ時18時半ごろ。

着陸後、真っ赤な大きな太陽が飛行機の窓からちらりと見えました。

「おぉ〜〜〜〜、インドの太陽だぁ〜〜〜〜!」と妙な興奮!隣のインドのハゲは、何を思っているのか、、、妙な落ち着き。(笑)

(彼にとっては、14歳で心細い帰国の際のデリー空港以来、、、52年!そりゃ、感慨も深いことでしょう。。。)

 

この日は、空港近くのアエロシティーの新しいホテルが立ち並ぶ区域の中の、The Pride Plazaというホテルに泊まりました。

 

 

茶系の色で統一されたお部屋、きれいでした。(うん、、、東京と変わりない。。。)

翌朝は、すぐに次の場所へ向かうので、荷物も解かず、、、明日の準備。

 

はい!

インド・ルピーも準備、整いました。

先日、1000、500ルピー紙幣が使えなくなったばかり。。。ウニャッ!

10と100だけです。ちなみに、1ルピーは1.7円ほど。立派な敬愛するガンジーさんのお札、、、20円にもならん。。。

 

爆睡!!!

 

明けて、13日。

6時半には朝食をいただきました。

 

モダンなホテルらしい設え。

モーニング・バッフェーなので、あれこれ山盛り、取ってきましたね〜、インドのハゲ。早速インドのお料理を食べていましたよ。

私は、どうせずっとインド料理だろうから、とちょっとコンチネンタル、で。

新聞も面白かったです。スポーツ欄には、クリケット、ポロ、グラウンド・ホッケーの記事。(やっぱり、そう来たか、、、)

 

朝ごはんもそこそこに、大型のバスに乗って出発です。

向うは、デリーよりやや南下するラジャスターン州の州都、ジャイプールです。

 

ホテルの玄関辺りは整然としていましたが、

 

デリー、オッソロシイほどの渋滞です。、、、というか、もう車がごっちゃごちゃ。。。その隙間を縫って、歩行者がやみくもに渡っていきます。最初は、この車と歩行者の関係にド肝を抜かれましたが、すぐに「おもしろぉ〜〜〜いっ!」に変わりましたとさ。(笑)

 

ジャイプールに向けてハイウェイを走ります。

料金所の前、何と片道7車線。そこを、ものすごいスピードで右往左往。ひえぇ〜。

インドの音!「ビ〜ビ〜ビ〜!」と警笛鳴らす、鳴らす!

現地ガイドのカーンさんによると、インドの人はサイドミラーは「見ない!」とのこと。だから、後ろから横をすり抜ける時には、必ず「ビ〜ビ〜!」

大き目の荷台のトラックの後ろのところには、「Horn,please」とか「Blow horn!」とでかでかと書いてある始末。

 

日本では、滅多に警笛を長押しすることなんぞありませんが、インドではもうそこいらじゅう、四六時中「び〜び〜び〜!」

慣れるまでは、ちょっとうるさい、、、ですが、慣れてしまえば、「これぞ、インドの音!」というものです。

 

デリーは、今、スモッグがかなり問題になっているとか。

景色もすっかり煙っています。

ちょっと走ると、もう郊外。ハイウェイ、といっても、日本でいうとバイパス、程度の感じなので、

車線の端は泥道。フェンスもないので、時々、牛さんだの、人だの、、、に遭遇する!

 

道路の両側は、農地がエンエンと続きます。

インドの食用油は、菜種油、ということで、菜の花が黄色に咲いていました。

 

かなり、、、のスラム。。。(一番上の写真)

と、思ったのですが、これは日程をこなしていくうちに、まだましな方、と理解。普通の暮らしがこの程度なら、という感じです。

 

数時間バスは走って、ジャイプールに少し近づいてくる辺りで、見えてきたのが、世界遺産でもある「アンベール城」

かなりの高さの山の頂上に、ず〜〜〜と続く城壁。マハラジャのお城だったところ。下の方で草を食んでいる牛さんと比較すると、その壮大さがおわかり頂けるのでは。。。

この一帯を治めていたカチュワーラ一家のマハラジャ・ラジャマン・マン・スィンが建設開始したそうです。16世紀のこと。何代ものマハラジャによって増築が繰り返された後、17世紀ごろに現在の姿に。

 

この日は、先ずは、この遠景を拝むのみ。。。内部は、翌日のお楽しみ。

 

アンベール城を見上げてから、山を下りてくると、水の宮殿が。

夏の離宮として作られたそうです。この湖、自然のではなく、宮殿をつくるために人造湖として作ったとか。。。エライコッチャ!

 

この美しい宮殿が眺められるところ、、、

どこの観光地でも同じように、お土産を売っている。(ま〜、しつこい、しつこい!!(笑)寄ってくる、鼻先に品物、「全部でセンエン!」なんぞとのたまう!)

右下の写真の、右下に写っていつ男の子二人・・・物乞いをしています。観光バスが着くと、ドアの前からずっと付いてきて、車に乗り込むまで「バクシーシ!」(お恵みを、お金ください、の意味)。。。

学校にも行かずに、それでお金を稼いで暮らしているのでしょう。気の毒だとは思いますが、お金はあげません、結果として彼らの為にはならないから。

 

 

 

こちら、お昼のお食事のために立ち寄ったホテル。

 

装飾が綺麗でした。もうこの辺り(観光一日目の昼!で、私は様々な装飾、デザインに目がギランギラン!ぐふふ。)で、他の観光客と離れて、一人妙な格好で、妙な所を撮影する人!とあいなりました!

 

美しいお花の象嵌、、、こんなのが、ホテルの床のあちこちに。色や形が少しずつ違えてありますが、、、どんどん撮影していたら、変なところへ入り込んでしまって、「おっとっとぉ〜〜〜〜〜!」(笑)下見ながら撮るから、自分がどこへ向かっているかも自覚無し!

 

 

ドアのガラス戸の内側の格子が、泡吹きそうな素敵なデザイン。

 

バンケットルームらしいところのドアには、こんなきれいな細工の飾りが。

直径25センチぐらいの七宝の飾りが大きなドアに、それも観音開きで。

色の派手さは、インドならでは、、、、で、そのまま自分の好みにピタッと合うかどうか、は別として、いや〜、どこまで贅沢なんでしょうね。。。

 

まだまだ序の口、というのに、ひとりワクワクドキドキ。。。

なんてしていたら、あ、、、ここは、お昼のために来たんだった。

 

 

スープに、タンドール料理、サブジー(お野菜の料理)、サグ・パニール(カッテージチーズに似たホウレンソウの料理)などなど。。。我が家では、インド料理をかなり食べるので、「何っ?!これっ!」的なことはあまりないです。お馴染みのものもあり、お味も慣れたものですから、「パクパク!」

 

最後にデザート。

出たっ、「グラブジャムーン」。

ドーナツのようなものを甘い甘いシロップに漬けてあるものです。

これは、インドのハゲが在インド生活で慣れ親しんだもので、機会があると買ってきたり、作ったりするので、親しみのあるスイーツです。(やっぱり本場のものは、美味しかったです!申し訳ないけど、、、、インドのハゲの作ったものより格段に美味しかった!(笑))辛いカレー味の後の甘いデザート、美味しいのですよ。これを、チャイと一緒に味わうと、なんだか元気が出る感じ。

 

本格的なインドのお料理のランチを堪能して、またバスでジャイプールへ進んでいきます。

 

途中の町での光景。

 

道端に、沢山並べられたお野菜。

種類ごとに山と盛られて、その色の鮮やかなこと。全体として、「インドは鮮やかな色に溢れている!」という印象でした。

この八百屋さん?は、相当ちゃんとしているほうです。陳列の仕方も、道の清潔さも、日をよける気遣いも。普通は、、、こんなもんじゃ、、、、ありませんから。ふぅ〜。でも、それが、、、、インド!

 

本日は、これまで!

 

 

 

帰国しました。

日本では、既に春一番も吹いたとかで、ようよう春めいてきていますね。

花粉症の皆様にとっては、お辛い季節?なのでしょう。お気の毒に。。。お大事に。

私は、超原始人!なぁ〜んも影響無し、なので。。。

 

さて、

当地では冬真っ盛り?!のインドから(それでも、日中は28〜9度ですが。)

まったく「無事!」に帰国いたしました。

 

 

連日、毎食「カレー!!!」の日々でしたが、

我々は全然オッケー!

 

さすがに、水道水は飲みませんでしたが、体を壊すこともなく(ツアーの皆様の中には、スパイス一杯のお食事でお腹を壊されたり、、、の方々もいらっしゃいましたが)元気で過ごしました。

 

インドのハゲは、、、、、

しっかり!!!「インドの!」ハゲになっておりました。

52年ぶりのインドで、舞い上がり?2日目ぐらいからは、体で覚えていたヒンディー語もやたらに流暢に出て来るようになり、

あちらの人たちとの会話を満喫する始末。

 

私は、少年の頃のハゲ(あ、、、その頃は、ちゃーんと髪もフッサリ!)が過ごしたインドを色々と体験できて、

とても有意義な日々を過ごしました。

 

ゆっくりペースになるとは思いますが、ご紹介していきますね。

お待ちくださいませ。

 

先ずは、取り急ぎ無事帰国、のご挨拶でございました。

恵のうちに。。。

雪がちらつくお天気です。

 

一昨日、昨日と私達の愛する「トムさん」の葬儀が執り行われました。

 

80目前のオッキナ・オネータマを、4人の子供達とその子供達が、立派な連携のもと支え、

全てが見事に滞りなく行われ、

年若い孫たちは、エネルギーと和やかさをまわりの人たちに与え、

大家族ゆえの賑やかさでこの数日を過ごすことができました。

 

 

これは、やはりトムさんのお人柄から、、、、と思っています。

 

皆が心に留めているのは、

物静かで、穏やかで、優しい、そして、どこか、ちょっと間抜けだったり、可笑しかったりするエピソード。

 

30人近い家族が集まって出て来る思い出話は、どこかに優しさのこもったものばかりです。

残された者たちにとっても、これはとてもとても大きな贈り物。。。

 

感謝のうちに、恵のうちに、

この悲しい区切りを過ごすことができました。

 

 

さて、

急なことで、レッスンのご予約をいただいていた7名の生徒さん方、そして、体験レッスンのご希望をいただいていた初めておめにかかる予定だった方、、、と、沢山の皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ございませんでした。

どうにか、皆さま、後日に振り替えていただくことができました。心から御礼申し上げます。

 

そして、、、、(あれれ、、、まだ、ある?!)

今週末から、1週間不在になります。

 

我が亭主のニックネーム、「インドのハゲ」の、その名の由来となったインドへ行ってまいります。

 

14歳で、3歳年下の妹を連れて、インド・パキスタン戦争が原因で、たった二人だけで帰国して以来、52年ぶりに再訪するインド。(50年以上も昔に、両親と離れて帰国した時のことを想像するだけで、私は涙が出そうになるぐらい気の毒で気の毒で。。。)

 

インドのハゲの体調が落ち着いている今、まだエネルギーがあるうちに、と。

作品展前の、この時期に、、、、と私はちょっと渋ったのですが、この時期がベストシーズン、作品展後では、「ヤッコ、死ぬよ、きっと、、、、暑すぎて!」との亭主の言葉。

シャァ〜〜〜〜ナイッ!行くかっ!

と、あいなりました。

 

そんな訳で、しばらく留守いたします。

お問い合わせ等のご連絡へのお返事も、20日以降となりますので、悪しからずご了承くださいませ。

何卒宜しくご理解のほどお願いいたします。

 

では、、、、

「ナマステ〜〜〜〜〜!!!」

 

 

追記!(2月11日付け)

トムさんの遺影に使われたのは、楽しかった、素敵な思い出の、、、この時の、私の写真が使われました。

宜しかったら併せてご覧くださいませ。→http://diary2.lachambredey.com/?eid=428

トムさん、梅の香にのって・・・

我が家の中で、「トムさん」と呼ばれているオッキナ・オネータマの旦那さん、、、ツトムさん、

 

昨日早朝、

大好きだったミミコちゃんに最後までそばに居てもらって、、、

天に召されました。

 

 

ちびひやが小さいころ、ツトムさん、と呼べなくて「トムさん」と言い出してからずっとみんなでトムさんと呼んできました。

 

私の父とトムさんのお父様が松山高校の先輩・後輩だったことから、ご縁があって、大学生だった「ワタナベさん」は、母にピアノを習いに我が家に通ってきていました。それは、私の記憶にはおぼろにしか残っていないぐらい昔のこと。

ワタナベさんは、ピアノのレッスンにかける時間より、その後!のほうが長いな〜、、、なんて思っていたら、、、、

 

すっかり!オネータマを奥さん!にしてしまった、、、、という。

 

四人姉妹の長女のオネータマ、22歳という若さで、ワタナベさんに「とられちゃった!!!」と、

結婚式での妹達3人の悲しそうな、うらめしそうな、、、表情がなんともかんとも。7歳の私は、ミミコちゃんがすごくうれしそうなのが全然理解できなくて、ちょっと怒っていたという。

 

ところが、女ばかり、、、の我が家に、ワタナベさんは、おっきいお兄さん、のような存在として、すっかり馴染んでいったのでした。(「お上品?!」な我が家で、テレビの11PMで綺麗なオネーさんの豊かな御胸を見る、なんていう前代未聞?なことが起こったり。。。)

 

22も年上のトムさんは、子供のころの私には半分お兄さん、半分お父さんのようでもあり、(実際、一緒に居ると「お嬢様ですか?」と聞かれて、トムさんは、「見りゃ女の子だってわかるだろうに、、、」と不思議に思ったというエピソードあり!)

小学校の夏の自由研究を、半分以上、トムさんに「やっつけて」もらったなどという経験もあり。

 

自身の4人の子供達に加えて、姪たちやちびひや&アホ息子も加えて、

トムさんは、この境内で暮らす多くの子供達の共通の「おとうさん」のようでした。

 

きっと今、みんなが思い出すのは、トムさんと一緒に経験させてもらった色々なことばかり、、、なのでしょう。

絵が上手で、とても手先が器用だったトムさんは、子供達に凧を作ったり、工作をしたり、、、を教えてくれたりしました。

 

 

大学での教鞭からリタイアしてからは、専ら絵を描いていました。

 

風景画はとても良いのに、、、、何故か、女性の人物画がひどく苦手で。みんなに、「妙な目でモデルを見てるんでしょぉ〜〜〜〜!」なんて茶化されて、「へっへっへっ・・・・」と穏やかに笑っていたトムさん。。。

 

あまり大きな声を出すこともなく、ちょっとゆっくりと話すトムさんでした。

そんな彼にぴったり、、、な最期でした。

 

庭の梅もどんどん咲いて、良い香りを漂わせています。

柔らかい梅の香に乗って、

トムさん、

天に召されていきました。

 

トムさん、

優しい思い出を沢山有難う。。。

そちらで、私の両親、姉はどうしているでしょう。。。

 

 

*****お詫び*****

明日、明後日、、、と沢山のレッスン予約を頂いておりましたが、葬儀になり不可能となりました。

作品展の準備も佳境のこの時期、本当にご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦を。

カラッカラ、、、ですね〜。

あれよあれよ、と2月。。。

 

早すぎる!

 

今日は、雨が降る、、、っていうはずだったのに、

ほんの一瞬、ポツポツ・・・だけで、全然まとまって降りませんよぉ〜。

 

すっかりカラカラですよ、そこいらじゅう。

 

 

石も、

干からびております〜。。。

 

1月中、ずっと作品展に向けての生徒さんやメンバー先生方の作品のご相談がぎっしりでした。

多い日は、一日で7名様のご相談があったし。。。

 

でも、どうやらほとんどの方のデザイン、テクニックも決定して、

ほぼ、「Goしましょ〜!これで、どんどん制作していってくださいませ!」な状態になりました。

ほっ・・・・

 

ま、制作に入ると、またまた、「ここ、どうしましょう・・・」なことも出てくるのでしょうから、

引き続きご相談は続きますが。

 

なかなかゆっくりとお休みを取れないもので、

なんだか、体調も今一つ。

風邪も、すっきりと治らず、咳をひきずっており。

 

トシ、、、なんだろうな〜。。。ぐやじぃ〜〜〜〜!(そろそろ、「年金のお知らせ」なんていうものも頂いちゃうんだし。)

第51回ワンデーレッスン・リポート

遅くなりましたが、先週の木曜、土曜に行われました、荒川麻衣子先生のワンデーレッスンの模様をアップさせていただきます。

 

お正月が済んで間もないころにご参加募集がスタートしましたが、今回も20数名の皆様のご参加をいただくことが出来ました。

全く初めて!という方々も何人もお迎えすることができ、大変嬉しく思いました。

 

お天気にも恵まれて、皆さま、お楽しみくださいました。

 

 

大変申し訳ないことに、木曜日午後クラスの全体のお写真を撮り忘れた!オマヌケ!な石崎でございます〜。ごめんなさい!

今回は、群馬や大阪からもご参加いただきました。有り難いことです。

また、もう10年近く前に別の先生に習っていらしたことから、ずっとサイトを見て下さっていた方も!今回、上京なさる機会があって、「これは、行くしかないっ!」とお出でくださったとか。本当に嬉しい出会いでした。

 

 

今回は、本格的なトレースは一切なし。どんどんと作業が進みます。

Advance作品のほうは、グリッドを使ってのレース模様が入りますので、少々手間が。そして、はさみのカットも。

 

 

 

部材が出来上がると・・・

丸い軸にペーパーを押し当てて花びらのカーヴを。

先生が準備してくださっていた花芯のペップの束のまわりに巻きつけて止めつけていきます。

お花が完成したら、お好みの位置にラインストーンをキラリンッ!

 

しかし・・・

このリポートを毎回編集していて思うのは、

美しいものを楽しんでお作りになる方々の、手、指のなんと美しくエレガントなこと・・・

パーチメントクラフトは、もう、全て1から手作業ですから、こんな手つきで作業して頂けることは嬉しい限りです。

 

さ〜、完成品をご紹介いたしましょう。

 

基本のデザインは同じですが、やっぱり皆様個性いっぱいで、同じものは全然ありませんね!

ボックスに貼っていただいたエンボススティッカーの貼り方にもそれぞれの工夫が見られますね。素敵です!

 

外はまだ寒いですが、

綺麗なピンクの御花が次々完成して、スタジオの中はホワリ・・・春になったようでした。

 

 

既に数回ご参加くださっている方から、美しいお花のアレンジメントを頂戴しました。

早速テーブルの上に飾ってレッスンとなりました。お気遣いに心から感謝申し上げます。とても嬉しいです!

 

そして、いつものティータイム。

荒川先生が、あれこれ探してくださって、、、、「ハート尽くし!」のお菓子です。皆様で、❤を心ゆくまで味わっていただきました。

 

ご参加の皆様、ありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか?

長い準備期間を経て、2日に渡ってご指導くださった麻衣子先生、ご苦労様でした!お帰りの際のご参加の皆様のニコニコのお顔が何よりのご褒美ですね。

 

次回は、3月23日、25日を予定しております。

3月に入りましたら、またお知らせをアップ致しますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

闘い?!、、、済んで、日が暮れて!

寒いけれど良いお天気の土曜日でしたね。

 

本日の午前、午後の2クラスをもちまして、第51回ワンデー、無事に終了いたしました。

 

今回は、御遠くからのご参加者が多かった!!

群馬、大阪、、、と、またHPを通じての長いお付き合いを頂いていた方、など。

 

「出逢える」ということは、偶然ではなくやはり何か必然、なんだろうと思ったりしています。

 

木曜日の午後レッスンが終わった後も、でしたが、今日も皆様がお帰りになり、

茶器の後片付けなどなどしていましたら、ふ、と窓の外は・・・・

 

 

見事な夕焼けでした。

(あの鉄塔とご近所のテレビアンテナ・・・ニックキ奴め・・・)

 

燃えるようでした。

 

一仕事終わって、こんな景色を愛でる事ができる私は、本当に幸せ者!

 

ご担当の麻衣子先生、お仕事をやりくりして木曜日と本日、4クラス、頑張ってくださいました。とても丁寧なご指導でした。

本当にお疲れ様でした。(午前〜午後が押してしまって、お昼抜きで頑張ってくださいました。)

 

水曜日の夜レッスンあたりから、妙に寒気がしてきて、あれ・・・・

と思っていたら、ちょっと風邪っぴき!

 

今回のワンデー、なんだかちょっと「石崎、パワー不足」でした、申し訳ありません。

・・・・と反省して、また外を見たら、

 

 

「見よっ!この素晴らしいグラデーション!」とばかりの色の変化。。。

 

風邪っぴきだろうが、「世間では老婆!」(笑)だろうが、、、一仕事終えて、こんなのが見られたら、

 

「生きてるって、、、、不思議で、素晴らしい!」

今年も、スタートです。

毎日、とてもお寒いですが皆様お健やかにお過ごしでしょうか?

 

さて、

今年のワンデーレッスン、本日が最初になります。

 

外はまだまだキンキンに寒いですが、

きっと今日のスタジオの中は、「ふんわり・・・」とスイィ〜ト!な空気に包まれることでしょう。

 

 

Merry主宰・荒川麻衣子先生ご提案の、❤の形の花びらで構成するお花のついたギフトボックスです。

 

本日、14時のクラスから始まる今年最初の第51回目となるワンデーレッスン、

ご参加も沢山、今回初めて!という方々も何人もお迎えすることができます、楽しみです。

 

既にパーチメントクラフトをお習いになって、技術を学んで下さっている生徒さん方、

年月を経てテクニック等をマスターなさり、講師におなりのメンバー先生方、

通常のちょっと気の張るレッスンと違い、ワイワイ・・・と楽しんでかわいいものをお作りいただく時間をエンジョイしてくださいませ。

 

石も、ちょいと「気を引き締めて!」皆様をお迎えできるよう、

「がんばりまぁ〜〜〜〜っす!」

大寒?・・・でも元気!

今日は「大寒」らしいさむぅ〜〜〜い一日でした。

 

でも、自然界では、元気なヤツが!

 

 

こちら、インドのハゲ・改め・農耕ジーサン(笑)の収穫!

 

区の畑を借りて作物を作っています。

借りている区画があまり良い条件でなくて(畑の隣の敷地に大きな桜の木!畑の半分以上が日陰!)、なかなかにてこずっているのですが、

今回は、

春菊、パクチー、リーフレタス、イタリアンパセリ、パセリ、ブロッコリ、、、、そして、

 

こりゃ〜〜〜お見事!!!

 

と思わず私がパチパチ、、、と拍手してしまったカリフラワー!が収穫できました。

 

夕食に、さっそくサラダにしました。

ナイフを入れると、サクッと柔らかく、でも瑞々しく身がしまっている。。。

色も歯ごたえも、そして、甘味も「上等!!!」

 

御馳走様!!!

締め切り、間近です。

寒い毎日ですね。

 

募集中の第51回ワンデーレッスンですが、ご好評をいただいております。

26日、午後クラスは8名様、満席となっております。

 

 

その他のクラスは、まだもう少し残席がございますので、

もしご興味がありましたら、是非ご検討くださいませ。

 

2月のヴァレンタイン・デーを前に、

ふんわりとチャーミングなチョコレート・ギフトボックスをお作りいただきます。

ご自身でチョイスなさったボックスにも使えます。

是非、大切な方、仲良しの方への贈り物に綺麗なカラーの、❤の花びらいっぱいの飾りを!

 

 

締め切りまで、まだ数日残っております、是非!!!

| 1/58PAGES | >>